« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月29日 (木)

Adobe PrePress Seminarに行ってきました

cs2
ミニ色鉛筆セットがプレゼントされた

 Adobe PrePress Seminar / DTPワークフローセミナー'05秋に行ってきました。渋谷の会場は新しいビルだったので、きれいなセミナー会場でした。200名会場に150名ほどの参加だったのではないでしょうか。ASN会員対象ですからAcrobat7発表の時よりは、参加者も若い方もわりと多く、グッと参加があった印象を受けました。
 今回の内容はCS2新機能とAcrbat7のプリフライト機能の利用についてでした。最初に行われた挙手によるアンケートでOSXベースで作業をしている人が多くなり、OS9環境の方がずいぶん少なかったです。前回のセミナーとは逆転している感じです。
 でも後段のイラストレーターのレガシー保存の場面で行われたイラストレーターのバージョンに関するアンケートでは、CSと10が少し、8が少し、圧倒的には9あるいは5.5(まさか)かな?というような感じでした。結局OSXベースだが、Classic環境で作業をしている方がおおいのでしょうか?
 CS2の新機能は多岐にわたっているのですが、ようはCS2の環境で統一しないとメリットがでてこないので、そのステージにいけるかどうかが会社として問われます。BridgeやVersion Cueなどワークフロー全体を管理するのですから当然です。VersionCueの使い勝手がよくなったそうなので、CS2ベースで試してみるといいいかもしれません。
 Acrobat7は、PDF/Xデータ作成・出力という利用だけでなく、プリプレスデータの出力をプリフライトできるので、出力のシミュレーションとしてももっと使ってほしいという内容でした。RIPに投げる前に、とにかく一端PDFにして、出力プレビューでオーバープリントや画像のチェック、透明度のチェックなどに利用して、クライアント等にもリーダーで注釈を使えるPDFを渡せる機能があるので、利用してくださいとの内容でした。

 これも参加者の挙手によるアンケートでは実際にPDF/Xを運用しているところは10%ぐらいでした。
 確かに、今仕事は「とにかくPDFをくれ」ということになっているのだが、注釈や校正に利用しているかというと、それはほとんどなく、Web用や注釈も印刷用のデータとして利用してるパターンです。ここが、印刷業界がもうすこし利用価値を広げていかないと、進まない気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月27日 (火)

印刷は8月下旬からヒマらしいです

tonbo
とんぼがよく遊んでいます

 気がつけば9月も末になり、これで半期が終わります。出版社は別冊を組み始め、昨年がゼロに抑制されていたのに比べれば好転してきたので少し安心です。今年も昨年のような状態であったら経営的にはとても厳しかったので、もしかすると「平常な状況」に<戻せる条件>になるかもしれません。ただ一方で雑誌は今後、プロダクションによる企画編集ものが増えそうな様子ですから、やはり「現状維持」もやっとかもしれません。
 印刷部門は8月の休み明けから仕事がぱったり止まってしまい、どこも閑散としています。9月末までこの調子ですから、厳しさが増しています。株価が一時の半値まで戻してきていますが、景気とは別のものなような気がしますし、「ミニバブル」とかいわれる投資加熱があることは事実なのでしょう。
 印刷産業としてはやはり産業としてのミッションをきちんと説明できないといけないでしょうし、ネット社会の中でのサプライチェーンにどう組み込まれるのかをもっと考えていかないといけないような気がします。そこに印刷の意味があるのでしょうから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月25日 (日)

仕事は思い切って楽しもう

richard
小さいことにくよくよするな!(3)「仕事はこんなに楽しめる」

 9月は季節がら体調が悪いのですが、8月までの仕事のペースが一段落して、気を抜いていたこともあってブルーな気分が続いています。それもこれも天候不順に体がついていっていないので、ひたすら会社へ行ってその日の仕事をこなして帰宅すると疲れてしまっているようです。と思っていたら、月末へ向けてまた忙しくなってしまいました。
 まあこうした時は本でも読んで、頭を切り換えましょう。今は通勤1時間なので、約40分ほど読書できます。それで、ぜひお勧めしたいのが「小さいことにくよくよするな!3」です。忙しい毎日を送っているあなたに、ちょっとした気分転換をもたらしてくれます。自分がいままで仕事をする上で感じてきていたことをスッキリとまとめ上げ、その対処のハウツーを簡潔にいってくれます。一番いいのは、どの文章も2ページほどでかかれているので、読みやすくて頭に入りやすいことでしょうか。それにしても、世界中でベストセラーのこの本、同じ事で悩んでいるヒトは多いんだなと思いました。気がついたらシリーズ3冊目を今読んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月 9日 (金)

AFPで困ったTiger

semi
お昼寝の季節もおわって セミにもさようなら

OS X Tigerで困ったのはAFPサーバーにエイリアスからつなげると日本語が文字化けしてしまうことです。Finderの移動メニューからサーバーに接続させることは日本語を選択して問題ないのですが、普通はこのマウントしたサーバーのエイリアスをドックに入れてたり、デスクトップにおいてダブルクリックでつなげるのですが、このエイリアスからつなげると日本語になりません。完全に「バンザイ グリコ」です。

これはちょっと面倒です。アップルスクリプトでサーバーをマウントさせる命令を書いても同じです。今のところFinderメニューからつなげてあげるしかないようです。これで毎日のバックアップ作業も、最初にきちんとサーバーを日本語でマウントさせてあげないといけなくなってしまいました。

Pantherでは問題なかったのですが。アップルさん早く対応して下さいネ。お願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年9月 2日 (金)

土曜をゆっくり休める日

sarusu
さるすべりの赤がきれいに映える道

きょうは仕事がほぼ片づき、月末の締め処理を行って、たまっていた用件をあれこれとすませることが出来ました。ゆとりのある一日を過ごしたのは久しぶりです。
明日土曜日は出勤日なのですが有給でお休みです。やはり土日をゆっくりと休みますと疲れもとれてリフレッシュできます。この年になると体ももちろん、ずっとたて込んでいた仕事による精神的なリセットがなかなかできませんので、今、この時のお休みをもらえたことはとても助かりました。
月刊誌等の納期に追われる仕事をずっとしていると、年々溜まってくるものがあります。そうした時に「スッ」と息の抜けるお休みがあると、精神的にはグッと楽ですね。
そんなこんなで、今日は明るい内に退社して、昨晩録画した「ホテルハイビスカス」を鑑賞して寝ましょうか。この映画、ずいぶん笑えるのですが、生きていくということのエネルギーを感じます。いろいろなことをみんなかかえながら、でも明るく楽しく生きていくという、自分のありのままを生きていくというエネルギーが。沖縄という意味をオーバーラップさせているんだけれども、それよりも人間が生きていくということを考えさせてくれる映画です。おもしろ、おかしく、でもまじめに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »