« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月29日 (日)

Intel iMacの実力

imacg5
キーボードがすっきり台座におさまるのがいいです

 intel Core Duoプロセッサーを搭載したiMacが登場しました。大方の予想を裏切って、昨年10月にモデルチェンジしたばかりのiMacとPowerBookにかわり登場したのだから、まあJobsはあかわらずとびきりの営業マンともいえます。
 それに「2倍速い」という言い方もいかにもアメリカ的というか、…普段は人の言葉通りに受け取ってしまう私でも「信用できません」と思わずいいたくなります。
 1月末に発行されたMac雑誌がそれぞれに特集していますが、それを読む限りではなかなかの出来映えといえそうです。Rosetaで動かしても、メモリを1.5Gに増設した環境ならばiMac G5と同等の処理能力を発揮しているし、ユニバーサルバイナリでintelネイティブで動くものは確かに2倍のスピードを発揮しているのだからまんざら「ウソ」ではないようです。Dual Coreなんだからこれは当然ともいえますが、iMac G5と同等の処理能力以上を備えているからこそ、発売できたのでしょう。そうでなければMacは見放されてしまいますから。
 Classic環境がなくなるとDTP関係者がまた大騒ぎですが、OS Xが世に出てからもう5年以上も経っていることを考えなければいけません。Adobe Csも次のバージョンはユニバーサルバイナリーで出てくるでしょうし、予定を繰り上げて年内にはすべてのマックがintelベースとなる発表があったのですから、スピードは加速しています。
 そして再び「iMac」です。あえてこのマックを「iMac」と呼ぶところに、アップルの考えがありそうです。だいたいiMac G5と見分けがつかないそのままのデザインですし、CPUとかチップセットが何かというより、iMacであることに変わりがないことが大切なんでしょう。
 あとはこのintel MacでWindowsがバリバリに動く環境があれば、今のようにマックとウィンドウズPCを切り替える必要がなくなり、1台でことたりるのですが、そうはいかないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

ワイヤレスな関係

wirekeyb
何者にも縛られたくない…キーボード

 さてさて、年末に20インチiMacを手に入れて一仕事をして遊んでいます。2005年は「頑張った」と思う自分へのささやかなプレゼントですね。サンタさんが届けてくれればもっといいのですが。
 いままでWindowsノートPCでいろいろやってきたのですが、やはりiMacはもうそれだけで遊び心があるというか、何かやる気にさせてくれるのかもしれません。もちろん、普段MacでDTP仕事をしているのですから当然なんですが。あ、最近はWindowsでAdobe Csを使っている時間の方が長いかもしれません、もしかして。
 まずは20インチの解像度の画面がいいです。17インチとは比べものになりません。DTP用途にもぴったりです。モニタだけのようなiMacだから、大きな画面がとても気持ちがいいです。こんなパソコンが10万円台半ばで買えてしまうんですからね。5色カラーのiMac(G3の333MHz)が当時10万円ほどで、これはまだ会社で元気に頑張っておりますが、まあパソコンも完成度が増してきたということでしょうか。
 キーボードがワイヤレスなんです。これがいいですね。何者にも縛られない…という関係が。コードが無いという自由は、キーボードそのものというより、そいうパソコンと机の上が気持ちいいです。キータッチはすこし堅めですがなかなかのフィーリングです。MDD等についてくる白いキーボードはとてもプアな、頼りない感じですが、これはしっかり創ってある感触です。

wirekeyb2 ただ、このスイッチがキーボードのウラ面にあるので、よくスイッチを消し忘れてしまうんですね。それにMacを起動したときに「キーボードがありません」て怒られます。スイッチはインジケーターがあるのですが、そもそも背面では確認できないし、アップルならもっとスマートにキーボード表面にスイッチを持ってきてほしかったと思うのです。
 インテリジェントに省電力モードに入るとはいえ、毎日使っていくとなると電池の消耗が気になります。どのくらいもつのか気を遣ってみましょう。

mtmouse マウスはマイティマウスです。二つボタンなんです、これは。アップル初の二つボタンですね。センサーがついていて、右、左を感じ分けてくれるらしいです。それに360度スクロールボールと左右にサイドボタンもあり、Tigerでは機能を振り分けられるようになっています。
 スクロールボールはフィーリングがもう一歩という感じです。慣れかもしれませんが、まだ違和感があります。反応がついてこない時があるのがよくないのだと思います。

 iMac G5のOS起動はすごく速いです。まあCubeでも実感できるくらいですから、Tigerがそうなんですが、G5ではもっと速いです。感動もつかの間で、Intel iMacが先日発表されました。これがまたよくできているようです。続きはまた明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

こどもの時間と大人の時間

mochi
保育園のおもちつきのお手伝いに行ってきました

 子どもたちの無邪気な様子は今も変わらない。一人ひとりがもういろんな感じ方をして生きている。
 子どもの時間は大事にしなくちゃいけない。あの未来に続くゆっくりとした子どもの時間(とき)が、夢を育てるし、人間性も育てるのではないかと思う。
 一方、大人の時間は今はえらくスピード感があって、息をつく暇もないほどに、流れている。刺激的な言葉と映像がいたるところに飛び交い、「じっくり考える」暇すら与えてくれないので、感覚も相当に鈍くなっているのではないか。人が傷つくことは想像するだけでも痛ましいはずなのだが、そんな想像力すら私たちは忘れて、今を生かされている。
 そんな大人の時間は子どもの時間と「きっちり区別」しなければいけない。大人の時間をそのまま子どもたちに見せてはいけないだろう。じっくりと時間をかけて大人の時間を受け入れる時を待つべきだろう。
 少子化はあと10年は続くかもしれない。子どもを生んで「おめでとう」とみんながいえる社会環境がないのだから。それでも女性は子どもを産むのだからこれは「エライ」としかいいようがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

イラストレータ8でフォントはアウトラインで!

yuki

先日 朝 雪が残っておりました 豪雪地方の方はほんとうに大変ですね

 レイアウトソフトは相変わらずQuark3.3(r2なのね)が幅をきかせているようですが、実際のデータの内容からするとほとんどがイラストレータではないかと思います。デザイナーさんはとにかくイラレでなんでもつくります。営業さんの会話でも「イラストレータ8で、フォントはアウトラインで」という入稿が一番多いような気がします。Quarkはただそれを貼り付けているだけというパターンが結構ありますよね。

 先月号で下版したデータに1年前の古いデータをそのまま流用し、新組データと一緒に渡した件があったのですが、これが見事に文字化けして、担当さんの校正も素通りして、世の中に出てしまいました。外字フォントなんですが、ひと言指示をしなかったために大変なことになってしまいました。ああ反省。

 こうして考えてると「イラストレータ8で、フォントはアウトラインで」というのが一番安心できるわけですね。しかし、1998年に出ているんですが、対応フォントや透明度やPDFの問題などでその後のバージョンが嫌われているはいえ、そうゆう仕事のやり方でいいのかな?っていつも思います。スマートじゃないですよね。このコンピュータの時代に。

 でPDFであればある程度なんとかなるのではないかと思いますが、これがなかなか受け付けてもらえない。さすがに2005年はCTPの流れが加速して、PDF OKのところが増えてきましたが、入稿形式としてはまだほんのわずかだということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

2006年のはじめに

otoshi
お年玉 子どもたちの楽しみですね

2006年 何といっても6月9日から始まるドイツWカップが楽しみです。また眠れない夜が続きますね。日韓Wカップの時にも色々な話題がありましたが、ドイツでもまた楽しいことがたくさん紹介されるといいですね。日本でも知り合いのサッカーチーム子どもたちが、試合に招待されて間近にトップレベルの試合を見られるなんて、Wカップならではだなと思いました。そんなサッカーの試合だけでない文化的な広がりがあるのがいいです。
仕事 フル・デジタルの時代になってますますデザインとか質感とかの価値が重要な要素になってきているので、そうした自分自身の感性を磨くこと、PDF・XMLといった汎用的なフォーマットを利用したドキュメント作成にリッチ・コンテンツをプラスしてできるようなったらいいかな…と思っています。
ボランティア 一段落した保育園からもう少し広い立場でなにか役に立てればと思います。中学校のPも続けることになるかもしれません。あと一年なので。そういえば親父の会はどうなったんだろう、その後なにもないようですが…。
休暇 自分でもおかしいくらいまじめにコツコツやってきたのですが、最近は体の方がついてこなくなっております。休みの日にドライブに出かけるのもいいかな?って最近思っています。自分のリフレッシュのために。
まあ、とにかく2006年 仕事も・生活も楽しみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »