« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

道具が変えるコミュニケーション

Kamakiri
カマキリがどんどん成長しています

 パソコンと携帯がインターネットでつながり、計算機や情報端末から双方向性とリアルタイム性を兼ね備えたコミュニケーションの道具に変化したことはこの時代の決定的な変化です。
 Adobeは最初PostScriptで、テキスト・画像・ベクトルのイメージングを統合してDTPを生みだし、オフィスや研究機関等のプリンターからプロフェッショナルな印刷製版のシステムまで、デバイスの解像度に依存することなく、ひとつのPostScript言語で一貫したイメージングを提供しました。
 そして今はPDFです。PDFはいまや「紙」に匹敵するメディアといってもいいでしょう。利用が急速に広まったこともあり、逆にPDFにも作られ方によって色々な種類があることが混乱を招いており、わかりにくくしているのでしょう。PDFはいろいろなものを統合し、まとめることのできるコンテナみたいなものです。ちょうどPostScriptがテキスト・画像・ベクトルを統合したように、PDFは様々なデータをひとつにまとめてくれます。
 Adobeとしてはイメージング技術を追求してきた結果の産物ともいえます。文書交換技術とも言ってましたが、ようはコミュニケーションを豊かにする道具です。パソコン通信の時代はテキストだけでコミュニケーションしていました。Webの時代になって写真が入ってきてとても豊かになりましたが、実はブラウザによって見え方が違う、印刷するとページがきちんとしない等々の課題があります。そこでPDFです。PDFはページという概念がはっきりしていますし、見え方もフォントを埋め込めばそのままです。印刷物と寸分違わないものがきちんとみられます。Acrobatにはデータの作り手側と受け取り側でいろいろとコミュニケーションするツールもありますが、これはまだほとんど使われていないのが実際でないでしょうか?
 これをうまく利用するかどうか? でその後が随分違うような気がしますが、いかがでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

印刷屋が「印刷しない」を仕事にする?

Faun_1

ファウン(ばら)の花 可憐な咲き方がみごとです

 やっと長い梅雨が明けそうです。今年は海の日の日取りが例年より1週間早かったので、恒例行事が早く終わって気分的には楽になり、ゆったり夏休み気分に入っていけそうです。
 仕事の方は、6、7月とも忙しく終わって、例年通りといったところでしょうか。都内の渋滞も元通りになり、経済の動きも「悪くはない」気がします。かといって来週、来月がどうなるか、まったく予測不能な状況なのですから、経営は気が抜けません、いつも。

 さて、10年来携わってきたある報告書がついに今年、印刷物でなくPDFデータ(CD)での納品となりました。一つには、予算削減というコスト面から、また実際に印刷物として納品された報告書の利用のされ方、利用し易さの面から、無駄な印刷物を印刷しないという環境面から…と、まあ色々とありましたが。
 実はもう5年ほど前にPDFデータ納品をお客様に提案したのですが、この時点では「まだパソコンを皆が使っているわけではないので」と却下された経緯があります。それに、「印刷屋さんが、印刷しないで商売になるの?」ともいわれました。

 今回はお客様の方からPDF納品の依頼がありました。今回、このCDでの納品がどういう反応で返ってくるか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

ピュアでなければ

Wcup10
黄金の中盤といわれていたが…

 2006年ドイツワールドカップ、すばらしい大会でした。日本代表が力を発揮できずにリーグ戦で敗退したことはやはり残念でした。ジーコ監督の采配「自由なサッカー」が日本にはまだ時期尚早だったかもしれません。自由とは責任を持つと言うことですから、チームのよほどの相互理解がないと動けないでしょう。ただ事前のドイツ戦でみせた「能力」もまたこのチームの素晴らしいところだったのですから、この経験をより強いバネにして次に向かっていってほしいと思います。

 中田選手やジダン選手の引退劇もみごとというべきです。ピュアな気持ちの大切さを感じさせてくれました。自分が守るべきものをしっかりともっている、そういうプリンシプルをあえて二人とも違った形で世界に提示したのですから、もうそれだけでも素晴らしいことだと思います。

 中田選手の歩みやW杯日本戦の総括をTVでみました。抜きん出たボディーバランスやパスやシュートセンス、プロ意識と「気持ち」、やはり世界で活躍した日本の誇るべき人物だということを、あらためて認識させてくれました。今後の活躍も期待して、頑張ってほしいと思いました。

(中田選手曰く「頑張るのは当たり前で、あえて口に出して言うことではなく、その上で何が出来るのかを考え実行するのがプロでしょう。」)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

梅雨ですね すこし動きがでてきました

Himero
ヒメロカリスのきれいな花

 6月はいつもながら忙しく過ぎてしまい、7月に突入です。大雨を伴った梅雨本番で、晴れ間が長続きしませんが、気分は明るくいきたいものです。

 6月23日と26日は久しぶりに道路が混雑し、それ以降、朝晩の渋滞が戻ってきています。昼間はあいかわらず順調に動けるようですが、6月最終週より動きが出てきているのでしょうか? 

 大手の設備投資が順調で、大企業の景気回復…というよりはリストラ効果が出てきた結果というべきかもしれませんが…がいよいよこれからという感じらしいのですが、信用金庫の営業の方の話では「町場はまだまだですね」ということです。広い意味での税負担がどんどん大きくなっているのですから、消費が伸びないのは当然です。

 ああ、それにしてもW杯。すごい試合ばかりで、こればかりはやはりライブでみるのが一番です。結果がわかったものを観るのはなんと味気ないことか? 年のせいか朝早く目が覚めるようになってしまっているので、十分楽しめますが、夕方には眠くなってくるのがどうも…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »