« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

アジア太平洋デジタル雑誌国際会議

Jmpa

 朝日新聞連載「雑誌はどこへ」初回で紹介されていた「アジア太平洋デジタル雑誌国際会議」(http://www.fippdigitalconference.jp/jpn/index.html)が、11月12、13、14日ホテルニューオータニで開催されます。大会概要を一部引用しますと、

 今や、雑誌はデジタルとは無縁どころか、いかにしてデジタルと協調していくかということに直面しています。 デジタル・ネットワーク社会の発達とともに、雑誌・書籍の作り方や、読者が雑誌に求めるものも変化してきました。
 今回開催する『第1回アジア・太平洋デジタル雑誌国際会議』は、世界の出版界が直面している、デジタル・ネットワーク社会における出版事業のあり方や雑誌の将来について、共通の認識を持ち、共に協力して新しい道を切り拓くきっかけとなると思います。
ということです。アジアで、そして東京でこれが開かれるということも、やはり今の出版事情を反映してでの事だと思います。デジタルと協力していく道は幾通りもあるでしょうが、デジタルを抜きにしては成り立たない時代であるという出発点にはなっているようです。
 ただし、大手出版社の部長級クラスの方が出席されるのでしょうか?参加登録費をみてびっくりしました。一般人向けではありませんね。このお値段。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

Mac Zoo '08 in AKIBA

Asagao

 MACお宝鑑定団で報告されているMac Zoo '08 in AKIBA
http://www.tcp-net.ad.jp/danbo/maczoo08/index.html
を読みますと、iPhoneが色々な視点から紹介されているのでよく分かります。

Appleは、このiPhoneによって、1000万台で世界シェアの1%を目指すと発表している。日本の携帯電話の販売台数は世界のたった5%のシェアしかない。台数的にみると、シャープの携帯電話販売台数に近い台数を目標としている。それは少ないとも多いともいえない。世界シェア37%を持つ NOKIAは、世界150ヶ国で販売しているが、それは107機種で実現している。ところがAppleは、iPhoneという1種類の製品だけで戦おうとしている。それは凄いことだと説明した。

 Jobsが「電話を再定義した」とか言ってましたが、iPhoneの正体は携帯電話端末ではないわけで、ポケットに入れて持ち歩ける「Mac」だと思います。やれることはもちろん限られてるのですが、ぱっと取り出して日常的にすませる手続き的なことはあれで十分だと思います。まだ100%ではありませんが、そうなる可能性を持っている端末です。
 ワールドワイドで観れば日本の特殊な携帯電話市場が世界の5%でしかないので、むしろWeb2.0などの標準はiPhoneのほうがまともでしょう。AmazonがさっそくiPhone専用のブラウジングを用意したり、WebアプリケーションがまるでiPhoneのアプリのように使えるのはインターネットの世界では当然です。やはりiPhoneはappleにとって3つ目の柱なのです。

▲ 朝顔がとてもきれいに咲き始めました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

Bluetoothプロファイル増やしてほしい

Iphone3g

 巷(ちまた)ではミニノート(NetBookともいわれている)ブームです。比較的安価でフルキーボードが付いたノートPCですから、メールやWeb操作をこなすくらいなら十分な訳です。デスクトップと同じOS環境を持ち歩けるわけですから、環境の差異はなく扱いやすいので火がついたのでしょう。うまく使うにはアプリをインストールしてはいけないとか、やはり制限はあるわけです。フルスペックを期待すると裏切られるでしょう。
 かつてはWindowsCEとかPalmやCLIE、そして今はWindows Mobailなどがあるわけです。こちらも様々な端末が出てきていますが、いまひとつです。実用面からいえば、Windows Mobailはあるていど満足できるかもしれません。
 そこへ登場したのがiPhone 3Gです。電話や無線LAN、そしてBluetoothと端末の可能性としてはかなりいいものです。メールとWeb操作も対応するサイトが増えているのでこれからもっと便利になって来ると思われます。MobileMeとの連携はまだうまくいっていないようですが、こちらは時間が解決するものです。メールやWebぐらいはさっと取り出して、パッと操作したいですから、ミニノートの液晶画面をあけて操作するのはちょっと考えてしまいます。
 で、個人的にはBluetoothプロファイルの拡充対応が行われればすぐにでも使いたいです。今使っている携帯端末もBluetooth対応で、自動車のカーナビ(カーウイングス)と連動するのがとても便利だからです。現状ではHFP : Hands-Free Profileには対応しているので、電話は利用可能なのですが、データ通信を行うBluetoothプロファイル(DUN)、端末側にメモリ転送を行うBluetoothプロファイル(OPP)がないので、アドレス帳や情報サービスが利用できないのです。これでは切り替えるだけのメリットがないですね。はやくBluetoothプロファイル増やしてほしいです。
 Bluetoothについて詳しくはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

景気は「停滞」へ

Bberry2

 行き過ぎた原油高は徐々に下がってきていますが、それでもガソリン価格はまだ170円台半ばあたりを上下しています。株価はアメリカが下げているため日本もどんどん下がり12800円台となっています。企業業績も輸出が伸びず四半期は年率換算でマイナス2.4%という予測も出ています。 結局日銀は景気の「停滞」を10年ぶりに宣言したようです。

 夏休み突入以降は朝の首都高速は渋滞30~45分ペースで、上り車線はかなり混み合っています。都心はそれほどではないので、都心へ向かう夏休みの車が多いのでしょう。それにタンクローリーの首都高速事故以降は、通行止めの影響でその下の関係する一般道車線も朝・晩はかなり渋滞しており、信号待ち数回ペースとなっています。夏休みのほうがやはり車の出はかなり多くなっています。今日は20日でしたので、一般道もかなり混雑していました。

 今年のお盆休みは12、13日あたりから17日までが一番多かったのですが、朝夕の通勤電車もそれほど空くわけでもなく、旅行客も含めて、少し空いている程度で、割と人出が多く感じられました。むしろ普段と変わりなく、しかも人がけっこう近所を歩いている感じでした。こんなわけでピザの宅配はオリンピック観戦もあって大盛況なようです。

 印刷関連は8月ですから当然めだった動きもなく、まわりもあきらめムードです。私の方は懸案のWebとオンデマンドの案件の詰めをこれから行って、動き出す段となります。チラシやお彼岸の案内、製品の技術資料マニュアル、社内資料用冊子の作成・印刷、PCの入れ替え依頼、マイクロフィルムの撮影見積もりなど、それなりにjobをかかえております。

 写真はお盆前に収穫したブルーベリー。ちょうどいい甘さです。

 朝晩の空気はだいぶ秋めいてきていますが、むだ蒸し暑いですね。暑さがきつかった先週に体調を崩しておられる方が結構いますので、ご自愛の程を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

雑誌はどこへ 朝日新聞夕刊連載

Zasshi

8月の4日から 朝日新聞夕刊に「雑誌はどこへ」が連載されています。

今日で12回目となります。とてもおもしろく拝見させて頂いております。
 出版社も大きな変化の時代にあると実感します。いろいろな試行錯誤や経験をふまえてきたところが、今一歩リードしているようにも思えます。さらにコンテンツ市場が拡大し、日本のコンテンツがアジアで大きく売れているということも、なるほどな…と思います。出版社が行うサービスも大きく様変わりしていることがわかります。

以下 タイトルだけでも紹介しましょう。
1 デジタルな未来 無料化への大きな波
2  同  第二の「白石さん」を探せ
3  同  iPhoneをねらえ
4  同  アマゾンの先を行く
5  同  ファッションは広告で
6 分冊百科 買えばまんがの達人に
7  同  静岡と広島で試す
8 復活するモノ情報誌 「これなら買える」を探して
9   同  「クール&ベター」で行こう
10 値下げ断行 新たな需要を掘り起こせ
11 中国“進出” 提携女性誌が次々創刊
12  同 ミーハー読者が現れた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

HD2 シヨウフカ

Ftr5055

FTR-5055のHD2がシヨウフカといわれました

 このところ突発的な大雨や落雷で停電があります。先週は付近での落雷により30分ほど停電があり、サーバーが見事に再起動していました。こういうことも日常的になってくるのかもしれませんね。ところで、これとは関係は無いのですが…表題の件です。

 会社では交代で夏期休業なのですが、その間にイメージセッターのメンテナンスを行います。現像液の交換や清掃、そして光量の調整とキャリブレーション、ほぼ一日がかりです。キャリブレーションを開始すると「HD2 シヨウフカ」とアラートです。FTRにはHDDが2台搭載されていて、RIPされたデータがまずこの2台のHDDに交互に書き込まれます。高解像度で露光するのは時間がかかるので、こうしたHDDが用いられ、常に露光する状態が継続するようになっているのです。どうもこの1台がぽしゃったようです。

 メーカーのメンテナンスにお願いして、修理と同時に光学系の清掃も行っていただきました。するとどうもこの間グラデーションがすっきりしないな?と思っていた件が、きっちり、すっきりと直りました。見た目には汚れていないようでも、意外や意外に黒く汚れているではありませんか。光量が徐々に上がってきていたのですが、もとの標準値にもどりました。やはり光量が高くなってもいけないそうです。

 CTP全盛で、最近は活躍の機会が減ってきているのですが、これでまた復活ですね。
 メンテナンスの方、いろいろと面倒を見てくれて本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

Quark 8 Leopard最新で起動せず

Quark8

どうしてでしょう せっかくのUniversal BinaryなんですがiMac 10.5.4の最新バージョンでは起動しませんね。どうもアプリケーションを初期化している段階でコケているようです。
しょうがなくMDDの10.4.11にインストールして、こちらは無事起動し、操作できます。
Windows Xpも大丈夫です。
これでQuark 6.5で苦労していた案件が少し楽になればいいのですが…。
それにしてもLeopardで起動しないのは困ったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

DP2.0 お客様との関係性強化:WTPは日本で成功するか?を読んで

Yumigahama

南伊豆の弓ヶ浜 とても美しい海岸でした

 先週末はちょっと早めの夏休みをいただき南伊豆まで家族旅行に行きました。道路の渋滞もなく、天気も上々で快適な休暇となりました。とくに弓ヶ浜海岸はその美しさにびっくりするほどです。ここでもっとゆったりとした時間をすごしたいと思いました。

 さてさて、経済環境はこれからもっと厳しさを増す様相です。「安心実現」内閣発足で、具体策がでてくるのか期待したいところです。でも、もっと厳しくなることは見えてきているようです。
 7月も印刷関連での目立った動きもなくあいかわらず低迷しているようです。8月もこのままで落ち着いてしまうのかもしれません。最近、東京で目につくのは、地方の印刷会社の東京進出です。東京に営業所をかまえるところが後を絶ちません。デジタルでデータがどこからでも送れますので、データ作成に経験のあるお客様はまず値段の安さでこちらを選択する傾向が強くなっています。これは印刷業だけでなく、あらゆる業界が東京と地方との激烈な競争を繰り広げているのが昨今です。東京にはそれだけ仕事があるということかもしれません。
 ここでデータ送稿に主に使われるのが、イラストレーターのフォントアウトライン済みデータ、あるいはPDFです。CTP全盛の時代ですから、まず文字が化けないという点でこのやり方がますます利用されていることもあります。PDFの場合もワークフローに入れる時にはアウトラインPDFとして利用されているのですから、どちらも結果として同じような利用のされ方だと思います。ここで単純に印刷(アウト・プット)だけを考えているならば、この選択は当然かもしれません。が、コンテンツの有効利用という点も印刷産業は考えておかないといけません。むしろ、そうした点でのお客様との関係、連携、ネットワークというものを考えていかないと、印刷産業は果てしのない価格競争に疲弊してしまうと思えるからです。もう、そういう時代は終わっているし、これからの若い世代に世代交代することも出来なくなってしまうからです。

 と、前置きが長くなりましたが、表題の「DP2.0 お客様との関係性強化:WTPは日本で成功するか?」(JAGAT)についてです。たぶん、ずっと気になって来たことなのですが、それとなくショートショートで語ってくれています。

http://www.jagat.or.jp/story_memo_view.asp?StoryID=11877

続きを読む "DP2.0 お客様との関係性強化:WTPは日本で成功するか?を読んで"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »