« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月30日 (日)

CS4によってデザインレベルは上がったか?

Hyaku

MACお宝探偵団より

こびとのくつ社が、9月5日にApple Store, Ginzaにて「レタッチャーの制作環境とその実際」を開催すると案内しています。

レタッチャーという仕事もそうですが、画像処理の仕事はいまどんどん変化している時代だと思います。ハードウェアやソフトも変化し、またメディアも変化しているわけで、紙への印刷を主とする印刷にくらべるとそうとう動きが広がっている世界です。

こびとのくつ社のサイトで仕事ぶりを見ることも出来ますが、以下が面白かったです。
ひとつはAdobeのデザインサミットでの報告
http://www.camroc.co.jp/adobe/design_summit/report/0520_2.html

もうひとつは玄光社のサイトの連載
http://www.genkosha.com/eizo/serial/kobito/kobito1.html

前者では「CS4によってデザインレベルは上がったか?」という問いかけが寄せられたことがあるとして、「NO」と答えたくだりあたり。後者でも最終回の「ていねいなしごとの先に見えるもの」が面白いです。特に以下に引用する後段のあたりが面白いです。

いまの学生にとっては、Photoshopを使いこなせることは普通であり、そのスキルを使って何をしたいのかということの方が大事になっていま す。機械としての面白さや、ソフトの機能を駆使することは既に重要ではありません。また、ネットで世界中の知識に簡単にアクセスできる環境では、覚えてい ることや所有していることよりも、必要なときにアクセスできること、コラボレーションできることの方が、重要になってきている気がします。E・フロムの言 葉を借りるならば『持つこと』よりも『あること』の時代が到来していると言えるでしょう。

新しい技術の模倣と陳腐化は、情報伝達が発達した現代では想像以上の早さで起こります。『簡単に手に入るものは、簡単に失われる』とも言えるでしょ う。むしろその技術がもたらすことの真の変化と意味を捉えて、ほんとうに大切なことは何かを見つめ直す視点が重要です。『時間がかかっても身につけなけれ ばならない真実の力とはなにか』ということを、表面的な激しい変化のさなかにおいても見失ってはいけないのです。

いまDTPの世界でも「10年前の技術は知らない方がよい」ともいわれます。しかし、依然として組版やレイアウトの基礎基本はなにも変わらないわけで、その表現や処理の仕方が、工程がどんどんやりやすくなってきているわけです。最近は、これもまったく心得ないデータ入稿があるので情けなくなります。たとえば無免許で自動車を運転し、事故を起こしているようなたぐいです。コンピュータはなんでもできますが、きちんと仕事をする(仕事にする)ことが大事だと思います。簡単になればなるほど、大事にしなければいけないものがなんなのか考えなければいけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

ETVの井上陽水は24日から27日の4日連続です

先日書いたのが日にちを勘違いしておりました。
8月24日(本日)から27日の4日連続です
23:00~ETVです

休みボケですね 申し訳ありませんでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

陽水がETVで24日から4日連続

Yousui
NHK教育TVで、井上陽水にスポットを当てた特別番組「井上陽水 40年を語る」が、2009年8月24日から4日連続でオンエアーされます。
このところS&G、拓郎、陽水と活躍がめざましいわけですが、一時代を振り返り、陽水が何を語るのか? ロングインタビューもあるようです。(めずらしい)
井上陽水40年を語る
2009年8月24日(月)23:00~23:55 NHK教育

※日にちを間違えておりました 24日から27日の4日連続です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

10.5.8アップデート後 画面が最高輝度になってしまう時は

Osx1058
いつも仕事で使用しているiMacが、OS10.5.8アップデート後、起動するたびに画面の輝度が最高にリセットされてしまって困っていたところ、アップルのディスカッションボードでやっと解決方法が見つかりました。

システム環境設定のディスプレイの輝度を最低からほんの少しだけずらすといいらしいです。自分のiMacもこれで再起動後は大丈夫でした。
めでたしめでたし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フォントアウトラインデータや白抜き文字への対応

K100
オンデマンドプリントでも当然イラストレーターのフォントアウトライン済みデータが入稿されてきます。通常、そのままデータを出力すると文字が若干太って出力されます。一般のPSプリンタよりは太らないですが、気持ち太ります。特に8ptや7pt程度の文字ではつぶれ気味になります。そこで、700DCPのPXサーバーでは【画質】タブで【連続階調K100%精細】モードが用意されています。これを用いると、文字のみを1200dpiでライスタライズし、みごとにすっきりした文字アウトラインデータが出力されます。

Imgenhc
また、ベタ白抜き文字がある場合は、各色のトナーのドットが白抜き部分に入り込みすっきりしない白抜きになりますが、これには上記と同様に【画質】タブの【その他の設定】で【画像エンハンス処理】で【白抜き文字の強調】ですっきりできます。

大きな文字では気にならない事ですが、名刺やカードサイズの仕事、チラシの製品仕様書等の小さな文字の部分で、以上の2つの機能は大活躍します。このあたりも、ゼロックスの長年の経験がよく取り込まれていると実感します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

久々に夏って感じです

Natsu

我が家も今年はスケジュールがあわないので私は自宅でこもり夏休みでした。好きな時まで寝て、気が向いたらぶらっとそこまで出かけ、ゆっくり風呂に入り、皆でご飯を食べ…なんて、とてもゆっくりとした日々を過ごさせて頂きました。

13日はまだ1日中慌ただしさがありましたが、14日からはさすがに交通量も少なくなり、落ち着いた雰囲気です。15、16日は久しぶりに夏っていう天気になり、日差しは強いのですが、空気は澄んでおり、夜には涼しい風がそよそよと体を休めてくれます。これはとても気持ちがいいです。

さて、明日からはまた仕事へ復帰です。
気がつけばもう9月はすぐそこ。後半戦の準備にはいりますかね。

▲ ブルーベリーも最盛期です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

PowerPCプラットフォームへの対応は、CS4で最後

Bvery

Macお宝探偵団がAdobeがAdobe Creative Suite 4のFAQの更新し、

PowerPCプラットフォームへの対応は、CS4で最後となり、次期バージョンではIntelプラットフォームのみとなる

と案内していると報じています。

たぶんMac版のCS5はCarbonアプリからCocoaアプリへの移植作業を伴うので、Adobeとしては大変な作業となります。私がIDやAIを中心に作業する範囲では、CS3やCS4ではどちらかというとIntel Macの方が動作が安定していたと実感していますので、動作検証も最新のIntel Mac中心に行われていると思われます。CS5が登場する頃にはさらにCPUも変わっているでしょうから、64bit対応を含めさらに変化があると思います。

特に最近はモバイル端末の能力があがっていますので、Webを中心にモバイル対応がもっと進むと考えられます。FLASHやデジタルマガジンなどは特にそうでしょう。DTPもそうした方向へ向かうことが十分考えられます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090813-00000002-jij-int
今日はマイクロソフトがノキアと提携したことが報じられていますが、PCと同じ操作性がモバイルでも可能になるような気配です。時期オフィスはWebアプリとしても提供されるようですし、デスクトップアプリケーションを補うものとして、こうしたモバイルアプリが登場してくるのではないでしょうか? Adobeはどうするのか、いいものを創るのも実は実際に使っている私たちユーザーの声が大事な時代かもしれません。

▲ 本日の収穫 ブルベリーが沢山取れました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

デジイチHD動画が熱い

Cr

やっと夏休みですわ。
とはいっても夏休みって感じではないですね…自宅周りは、結構交通量もありますし、普段とあまりかわらないかな? 盆暮れもどんどんなくなってきている気がします。なんか世知辛い時代ですね。でも、電話やメールの催促に追い立てられることがないだけで、十分に幸せな時間です。

もっともっと自分の時間がほしいですね。8時間労働、8時間睡眠、8時間は自分の時間だったら、もっと(生活が)クリエイティブな時代になると思うのは、あまいかな? 経済的にもその方がいいともいます。今の日本はこれが12~14、6、4~6(うち2~4は通勤時間)ぐらいではないでしょうかね。バランスを欠いているということは、やはりどこかで無理無茶無駄をしているのですから、もっと自覚的に生活したいものです。ああ、でももっと働きたいという人も当然いますし、どんどん働く選択もいいと思います(特に若い内はね)。

先日の撮影の時にカメラマンの方からお伺いしたのですが、今、デジイチHD動画が熱いそうです。デジタル一眼レフカメラでそうHD動画を撮影するんですね。レンズも豊富ですから、いままで相当高価な機材がなければ撮影できなかったシーンが撮れてしまうそうです。もちろん安価なデジタル一眼レフですから動画に多少の制約はありますが、ビデオカメラとは違った表現が可能だそうです。「デジイチHD動画」とかで検索すると相当数が出てきます。

先日のDTP 駆け込み寺・ 558号メルマでもひとつの企業業態やビジネスモデルが通用する期間が短くなってきているという書き込みがつづられていましたが、デジタル化の進展がここへきてまた一段と進化を見せる気配があります。出版社がデジタル化にやっと重い腰をあげたり、印刷・出版の業界の再編がすすみつつあります。これが今後どうなっていくのか、時代に合わせてアップ・トゥー・デートしていくことには変わりはないですが、ハードルはどんどん高くなっていく気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月 7日 (金)

夏休み前で大忙しです

Cruise
今日は撮影でクルーザーに乗船しました
天気は台風前で夏日和でよかったのですが、風が強くて途中で断念

8月に入ってからはお休み前の仕事で大忙しです。今年は12日から16日までのお休みが多いようです。なかには8日から16日までという会社もあります。うちは諸事情から仕事が詰め込まれて来週もフル稼働に近い状態になりそうです。夏休みもどこかに飛んでいってしまいそうですね。これでは。

今週6日、7日は首都高は今まで以上に大渋滞です。一日中渋滞です。最近は夏休みになると毎日渋滞モードですが、高速道のETC1,000円一律料金が木、金とありましたので上も下も道路は大渋滞モードです。やはり自動車を使うならそれなりのコスト負担をするのが環境政策上も必要ですが、まったく逆行していますよね。公共交通や地域交通システムを成り立たなくさせて、二酸化炭素も大量に増産して、エコカー減税(つまるところこれも私たちの税金をばらまいているだけ)と、どこか歯車が違っている気がします。昨年後半からカージャーナリストがあれだけ声高に批判していたのに、ふたたびみなさん無口になってしまいました。自動車が売れなければやっていけないのは分かりますが、このままいけばどうなるのかは、誰の目にも分かってしまっているのでしょうけれど。

さて、あと10、11日で仕事を片づけられるかどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »