« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月26日 (金)

2/25朝日新聞朝刊で「グーグル、電子書籍販売へ」

Googb
2/25朝日新聞朝刊で「グーグル、電子書籍販売へ」と報じていました。
今年夏から秋にかけ、日本を含む10カ国で電子書籍の販売を始めるそうです。日本語は9月か10月頃販売開始となるそうです。

「グーグルエディション」という新サービスで、PHP研究所は当初1000タイトルを提供する予定だということです。

同時に、日経新聞の有料電子版を紹介しています。

いよいよGoogle(ePub)やKindleが日本語に対応して出てくるのでしょうか?
楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

木が年輪を重ねるように少しずつ無理なく成長すればいい

Yuki2010

閑散としていた都内の交通量も朝と晩、夜は多少戻しつつあるようです。まだ昼間にはすいてきてしまいますから、本格的な動きとは言えませんが、1月の状況よりは回復している感じです。大型トレーラーも列をなして動き始めています。
「8割経済」ともいわれますが、こんな調子がずっと続いていくのでしょう。それでもやっていけるように仕事をつくっていかないといけません。

先日はまたまた朝から一面銀世界で、結構雪が降る日があるように思いますが、雪かきをまでしていないので、翌日には溶けて無くなってしまっています。寒暖の差が大きい冬です。

制作の方は結構忙しく、次から次へとこなしていく感じです。年末からずっと忙しいので、ちょっとバテ気味ですね。
オンデマンド出力も全体として少部数の出力が増えており、「部数が減ってオフセット印刷ではお客様にとても請求できない」ということでオンデマンドへ切り替えている案件や、納期がなくて急ぎで間に合わせるためにオンデマンドという仕事が多くなっています。印刷会社へ導入された700DCPは順調にプリント枚数を伸ばしているようで、オンデマンドへのシフトはより一層鮮明になってきた気がします。
ただメーカーさんは機械が売れなくて、売り込めるお客さんに集中して営業を掛けているようです。順調にカウント数をのばしているとこころは、導入できる可能性があるわけですからもっともです。
さて、来週で2月も最終週、今年度末を残すばかりとなりました。会社の未来を考える時間も必要です。
お正月の朝日新聞で「生活第一 輝け社員」<降端企業の生きる道>という記事がありました。日本にもこんな会社があるんだと感心しました。この会社とトヨタ自動車とを組み合わせた海外からの視察がひっきりなしだということです。

「全員正社員」で日本一短い労働時間(1日7.25時間)、年休は140日前後、育児休暇は3年。これで創業以来赤字なし。
「生き残るには、一人一人が製品や仕事の差別化で工夫するしかない。それには働く人がやる気を起こす会社にするのが一番、近道だった」
「退職は71歳の誕生日に前日までに自分で決めればいい」という再雇用制度で現場に戻った。手当は減ったが、給料はピーク時の60歳の水準が維持され、年700万円余り。

たしかにグローバル企業とは別の選択もあるわけですね。別の会社の会長さんが次のようにもいっています。

「企業は、みんなが幸せになるための手段。大事なのは働く人が失業せず、生活が続けられるよう企業が永続すること。雇用をつくり、税金を払って社会に貢献しながら、木が年輪を重ねるように少しずつ無理なく成長すればいい」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

フルデジタルの時代を総括するiPad

以前書いたのですがMacが登場した時の様子を見ますと、ここにコンピューティングのすべてがあるわけです。
http://hotdtp.cocolog-nifty.com/hotdtp/2007/04/macintosh_8c07.html

それで私が今、自宅で使っているのはiMac G5(20inch、1.8GHz、2G)です。これは2004年に発売されているものです。DTP用途にデータ作成している分には、それほどストレスもなく作業は出来ます。ところが動画はめっきりだめです。YouTubeでいうとストリーミングで360pがいいところで、480pではもう完全にだめです。データにはその上の720pというのもあります。ここ数年のCPUとGPUの進化はすばらしいのではないでしょうか?省電力という点もわすれてはいけませんね。

会社で使っているiMac(mid 2007)では720pまで何のストレスもなくこなします。まずCUPがデュアルコアになっていますし、GPUの動画再生支援も大きいと思います。

そこで登場したiPadですが、Jobsがプレゼンした画面を見る限りでは、なんのストレスもなくこれらのことはこなしそうです。
Ipad001_2
ブラウジング、メール、デジタル画像、音楽、ゲーム、電子書籍。フルデジタルになっている今の時代をiPadで総括している気がします。iPadにはクリエイティブなことはないのですが、データを閲覧して、コミュニケーションを図る、データを整理したり加工したり、簡単な作業をするようなことが想定されています。iPad用にiWorkが提供されることもそうしたことからでしょう。

Ipad002
例えば、会社での会議には資料が配られますが、これがiPadで支給されていると大変便利かなと思います。資料をコピーをする必要はないし、データを閲覧し、ときには関連するWebをブラウズしたりと、コミュニケーションを図るには大変便利なツールです。ノートPC(netbook)でもいいですが、atomは非力ですね。その点でiPadがApple独自開発のCPU(+GPU)が載っていて、ストレスなく動作しているのは見逃せません。
これはiPhoneでもないし、MacBook(Pro)でもないのです。やはりiPadなのですね。
時代を総括する新製品といえますが、あとは価格とユーザーがどこまで利用価値を認め、使ってもらえるかですね。早く実物を見てみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

Adobeのエコキャンペーンはじまる

Eco_camp

2月2日からはじまったAdobeのエコキャンペーンももちろん販売促進のためでしょう。
それほど需要が止まってしまったのが今の日本の経済の現状です。
プリントサー ビスプロバイダープログラムは終了しましたし、最大50000円のキャッシュバックキャンペーンもやりましたし、今度はエコキャンペーンです。しかも、7月末までのかなり長期のキャンペーンですね。もちろんエコというからにはキャンペーン収益の1%寄付等も書かれております。
しかも、キャンペーン価格を見るとCS4 Design Premiumだけ178,500円で、アップグレード料金189,000円よりも安いのです。なんと!びっくり!
まあ、それだけAdobeさんも厳しいということでしょうか?

いまショッピングモールを歩くと、50%OFF、70%OFFなんていう文字が店頭を大きく飾っています。とにかく「安く」ないと売れない、消費を刺激できない、そうゆう流れになってしまっているわけです。完全にデフレですね。

景気は持ち直してきているとはいうものの、都内の交通量は普段の半分ほどになっており、すでに今週で4週目突入します。約1ヵ月こうした状態が続いているわけで、かなり厳しいのではないでしょうか? 景気はエコポイント頼みで、自動車、電気、こんどは住宅建設とたしかに下支えはしているのですが、拡大にはいたりません。最近になって大きな会社で相次いでリストラ策(人員削減)が打ち出されてきたのが気になります。この状況が大きな波にならないうちに、歯止めが必要でしょう。

世の中エコにあやかる消費頼みですね。

※2/10 追記

Amazonで「72時間限定セール! アドビ商品特別企画 その場で15%OFFキャンペーン」というのもはじまりましたね。いやー、すごいな。

おまけに、優待アップグレード版(同アップグレード版は、旧来のMacromedia StudioやAdobe Creative Suiteの3.0より前のバージョンをお持ちのお客様が、Creative Suite 3.0からのアップグレード価格と同じ価格で、CS4にアップグレードできるお得なパッケージです)の取扱もはじまっていますね。

Adobeさんの年度末むけ在庫処分ですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

伝統的文字サイズ表@モリサワ #Page2010

結局、納品や1200件以上の封筒宛名の校正で(夜遅くまでこれにかかりっきりでしたわ)、Page2010にはいけませんでした。
当社から行ってきた3人に様子を伺うと、やはりeBook関係が賑わっていたそうです。あとはあのDSが小さな2コマしかない展示に示されるように、重厚長大的なメーカーの展示がしぼられ、それがかえって横のつながり(ネットワーク)をつくりだしていくようなPageになってきたような気がします。これからは、ワークショップやセミナーもそうしたものが増えていくような気がします。メーカーはそれをサポートしてくれるといいですね。

ところで、モリサワブースではiPhoneでのeBookをサポートする展示があったこともあり、かなり盛況だったようです。それに、モリサワブースで今回祖父江慎氏監修による、「伝統的文字サイズ表」が配布されたのが大注目です。

まず渡された封筒です。
Den001 
中身は、あの懐かしい【級数表】と【「伝統的文字サイズ表」で文字組に強くなろう】というA3判二つ折りのパンフ。
Den002
そして実は【級数表】はポイント、号、級が並記されたスケールなのです。
Den003

いやー、これは入手できてよかったです。
最近、モリサワもがんばっているなぁ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »