« JAGAT 「IPEX2010は出展面積でデジタルがオフセットを追い越した 」のです | トップページ | ゼロリセットがはじまる »

2010年6月20日 (日)

斜行度の調整が大切

デジタルプリントでは用紙に熱処理がかかるので、用紙が収縮します。700DCPではセンターレジ方式で位置調整を行っています。プリントでも用紙のセンター、センターに入るように調整するのがとても大切です。前処理のデータ作成でも、後処理の断裁や折り加工等についてもそれが基本です。それと通し枚数の多い場合は、プリントの途中でもチェックする必要があります。機械が動き出すまだ冷えた状態の時と、ある程度熱がのってきて熱処理が安定してきた時では用紙に対する影響が異なる場合があるからです。

Ichi01

上の画像は700DCPのアライメント補正のメニューです。ここで用紙のタイプごとに設定をします。一度設定すればいつでもOKかというとそうではありません。季節や用紙の状態によって収縮が異なるからです。プリント設定するたびに、きちんと設定すると印刷のあがりもしっかりします。調整は10枚から20枚ほどの予備紙で可能ですから、時間もそう必要としません。多数面付けしたデータなどは特に重要です。もちろんジョブ内容によっては、はしょってしまってもかまわないでしょう。

Ichi02_2

この調整なかでも700DCPで一番大切なのは上の画像の斜行度の調整です。これが可能なので、用紙に対して正確な調整が出来ます。ゼロックスのモノクロ機の41124112/4127 Light Publisherではこの機能がないので、モノクロの出力でも700DCPを導入する人が増えているそうです。ここがしっかり調整できたら、残りの位置項目を調整します。2台目に導入された700DCPはここの数値をめいっぱいに入れないと斜行度が調整できませんでしたので、メンテの方に調整をお願いしますと、この斜行度だけは機械(ハードウエア)側でも補正できる場所だということでした。一番よく使用する用紙に合わせてセンターを調整してもらいました。あとの項目はデジタルで処理しているそうです。

カラーの出力ではコート紙やマット紙、アートポスト等の厚紙などの出力が多いのですが、見当精度がとてもよく、熱処理の温度が低く用紙へのダメージが少ないのでPP加工や、折り加工等も、700DCPの出力したものは、とてもやりやすいそうです。

|

« JAGAT 「IPEX2010は出展面積でデジタルがオフセットを追い越した 」のです | トップページ | ゼロリセットがはじまる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 斜行度の調整が大切:

« JAGAT 「IPEX2010は出展面積でデジタルがオフセットを追い越した 」のです | トップページ | ゼロリセットがはじまる »