« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月30日 (月)

朝日新聞 be8/28(土)小城武彦さんでした

Ogi_fr
丸善社長 CHIグループ社長の小城武彦さんが今の出版・流通、デジタルに関していろいろと語っていました。朝日新聞 be8/28土曜日版です。

委託販売制度についてはもう役割を終えたとしています。

「最大の課題はマーケティングが存在しないこと。書店でいえば、顧客のニーズを把握し、自らの責任で商品を仕入れて売り切るメカニズムが働いていない。これでは顧客のダイナミックな情報が出版社まで流れない。書店で本が売れ残れば、取次業者に返品できる「委託販売制度」の弊害が大きいと考えています。」

電子書籍については

「日本では、紙とデジタル、リアル書店とネット書店、この「2次元ハイブリッド」になると考えています。ネットと書店がうまくコンビネーションをはかり、紙とデジタルでどうシナジーを出すかが問われている」

あとは、「本屋がつまらない場所になっている」「なければ通販で届けるか、デジタル配信するか、その場でプリントオンデマンドで印字するか、お客が選べるようにしたい」「書店ネットワークも守ることも使命だと考えている」等々、通産省の役人だった小城さんが熱く語っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

AmazonでCS5が表示価格よりさらに10%OFF

Cs5amz
今、AmazonでCS5の「72時間限定セール! アドビ商品、その場で最大10%OFF」をやっています。2010年8月27日(金)午後11時59分までですよ。

表示価格よりさらに10%OFFですから、98000円のアップグレード版(表示価格85,575円)が概算77000円ほどで入手可能です。大セールスですね。

まあ、いま業界は仕事がなくてそれどころではなくなってしまっていますが、待っていたところはチャンス到来です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

MLPro9800PS-Xのリプレース

700dcp2
3月期に長年カンプと校正出しにつかってきたMICROLINE Pro 9800PS-Xの保守契約の更新時期となりました。700DCP導入以降18ヶ月が経過し、プリント出力の経費を算出してみますと、意外にも9800PS-Xも結構なコストがかかっており、再検討することになりました。

ひとつはMLの最新機にリプレースする、もう一つはオンデマンドサービスでのジョブの滞留に対応するため2台目のオンデマンド機にリプレースするという方向で検討しました。MLの機種には安心感はあるのですが、厚紙を通した時のドラムの消耗が激しいこと、1枚当たりのプリントコストも保守料金をふくめると結構な単価であること、以上の点から採用からとりあえずはずし、2台目のオンデマンド機の導入の可能性をさぐりました。

ゼロックスの方にも当社の意志を伝え、提案をいただき、検討がはじまりました。第1案は当社のモノクロ仕事の特性からモノクロ機を導入する、第2案は700DCPを2台態勢にする、というものでした。あわせて、プリントフィーに関する提案もしていただき、トータルコストとジョブの滞留を解消する観点から検討しました。

モノクロ機の導入は現状でかかえているモノクロ仕事のコスト削減に貢献しますが、一方でモノクロだけの仕事しかできませんし、したがって1台目のバックアップ(機械の調子が悪い時やジョブが重なった時)になりません。それにモノクロに関する品質も異なります。
2台目の700DCP導入はカラー仕事が伸びてきたことや、長いジョブで仕事が詰まっている時のバックアップ体制として同品質の出力ができるというメリットがありました。ここでの問題はモノクロ出力のコストです。ご提案いただいた内容は大筋700DCP2台目の導入という線で、コストに関して再検討して欲しいとゼロックス側に伝えて、最初の商談はおわりました。

2回目の商談は、いよいよコスト問題で新しい提案をいただきました。年間の経費を今まで通りと新価格で比較した一覧表をいただき、当社の仕事の内容にそったよい提案をいただきました。資金の段取りを付け、この提案でGOとなりました。

さてさて、3月から2台目が稼働してどうなったか?です。
まずはカンプ出しや校正出しに関してです。これはもちろん700DCPですから、いままで以上に速いです。当社では長いページものでは300Pとか500Pなんていうのがあるのですが、700DCPではあっという間です。MLの2倍は速いでしょう。まあマシンの値段はもっと高いのですからね^^;)。
プリントサービスのジョブはどうでしょう? これも結果として出力枚数は増えています。それに長いモノクロジョブを2台で動かせるので、いままでの半分の時間で処理できるようになりました。たとえばいままで2日かかった出力が、1日で終わりますから、残業時間の削減にもなりました。これは本当に嬉しい誤算でした。マシンが違えば、同じ品質のものを出力することはできません。当社ではやはり圧倒的に少部数のものが多いので、カラーもモノクロもスループットよく2台で出力するという方向が最善だったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

バックグラウンドタスクを表示すると安心

Backg
ID CS5からPDF書き出しがバックグラウンドで行われるのはいいのだけれど、書き出し状態が把握できないのがなんとなく「不安」です。
そこで安全と安心のためにメニューの[ウインドウ]-[ユーティリティ]-[バックグラウンドタスク]パネルを表示すると、PDF書き出し進行状況が把握できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

夏休みモードなのだが

Metoropo
いや~夏休みモードなはずの今週ですが、結構大変です。昨日の10日は物流系の運搬車もかなり数多く走っており、首都高はもちろん下の幹線道もかなり渋滞気味です。都心はすいているのですが、その周辺の幹線道は結構な混雑ぶりで、大手企業の輸出が回復しているのがきいているのかもしれません。

昨日は朝一番で都庁まで行きました。あらためて見てもこの庁舎はすごいシンボルですね。庁舎内もとてもきれいですし、上からの眺めもすばらしいものです。団体の見学者がいると思いきや、やっぱり中国の方々でした。最近は日本のどこの観光地へ行っても団体客といえばたいてい中国か韓国の方ですね。

7月は少し一服できました。6月まで忙しさのの余波で、7月はまだその後処理でなんだかんだと引っ張られました。7月の20日以降にやっと一段落して、その後は月刊誌の月末の下版で、8月に突入。8月第一週はボチボチで、やはり週末に忙しくなり、そしてやっと第2週になったのですが、今年は今日まで、まだまだ落ち着きません。朝晩の通勤電車もそれほど空いているわけでもなく、みなさんお休みモードになっていません。大手は別として、まだまだ厳しい経済状況を示しているのかもしれませんね。やっぱり。まあ電話の数が少ないですが、会社はやっているということでしょうか。

それでも夕方になればウイークデーでも繁華街は普段よりも人出がいっぱいですので、夏休みであることは感じますし、いつも納期の追われている私たちも少しはノンビリムード(ムードだけですが)な気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

GINPACHIのお話をききました

Ginpachi02 Ginpachi01
土曜日にとある集まりがありまして、
東京の銀座でミツバチの養蜂をして、ついには農業生産法人銀座ミツバチまでも立ち上げた方のお話をお伺いすることができました。

NPO法人 銀座ミツバチプロジェクト
http://www.gin-pachi.jp/

銀座の屋上での「養蜂」ができる? ミツバチは殺虫剤や農薬には弱く「環境指標動物」と呼ばれているそうです。そう、ミツバチが生息できるということは都会にも立派な自然が息づいているということです。それをあの小さなミツバチが教えてくれたのです。

もちろん、とれたはちみつは銀座の商店の方々をむすびつけ、様々な形の商品として銀座から発信されています。カステラや石けん、化粧品、カクテル等々。

しかもミツバチは都会の中の自然を気づかせてくれただけでなく、大人から子どもまで、様々な方を結びつけ、銀座に新しいコミュニティまでも生み出しています。そうした地域や人のつながりを生み出し続けていることがとても素晴らしいと思います。

ビルの屋上の緑化にもなりますしね。

都会人がどんなに自然とのかかわりを持ちたいと思っているのか…、その広がりが何よりもの証でしょう。海外のメディアからも取材が押しかけてきているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »