« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月28日 (火)

iPhoneでは小さく、iPadでは大きい

実際に手に取ってみると、iPhoneでは小さく、iPadでは大きくて重いので、iPadのちょうど半分ぐらいのがほしいわけです。とうとう日本のメーカーも動き出しましたね。SHARPはずっとXMDFで、携帯やザウルス等にこれを入れてきたわけですから、満を持しての発表となったわけです。2種類の端末が発表され、5.5インチの方はちょうどいいですね。

メディアタブレット ガラパゴス が発表されました。
http://www.sharp.co.jp/mediatablet/index.html?~
Gala

これはアンドロイド端末なので、アプリも動かすようにしていくということです。

これからどのようになっていくか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

日本のGDPはこの15年間変わっていない

昨晩、TVの経済解説を何気なくみていたら、日本はこの15年間GDPが全く増えていないというではありませんか?
いまごろやっと気が付いたの? とおしかりを受けそうですが、やっぱりこの事実にびっくりしました。

下のグラフをみればおわかりのように、1995年あたりから、横ばいで、しかも減少しているのです。もちろん、これは名目GDPですが、欧米の他の諸国では名目・実質とも右上がりにGDPは増え続けているのです。今の日本の経済力からして、これは弱すぎる、実力を発揮していないというわけです。あいかわらずのデフレ基調ですし、これではよくなるわけがありません。各国はやっぱり徐々に物価が上がっているのですが、日本は下がり続けているのです。

[世] [画像] - 日本の名目GDPの推移(1980~2010年)

日本と各国のデータはコチラのサイトでグラフがあってよくわかります。
http://ecodb.net/country/JP/imf_gdp.html

それで、その背景にあるのが人口減です。しかも最も経済活動に影響のある生産年齢人口が減り続けているからと解説していました。当然でしょうね。子どもが増えない、結婚できない(しない)、消費が増えない等々でしょう。単身世帯がいまやトップですからね。やっぱり、普通に仕事と生活をして、子どもを産み育てられる社会環境が発展を促すのは当然でしょう。

円高ということもあり、企業の生産活動が海外へ出て行ってしまっていることも大きな要因とも。なおかつ、それにしても今の日本経済の現状からして消費が増えないのはまだまだ企業努力が足り無いとも指摘していました。外需依存というのはかなり前からいわれていますが、内需は「改革、改革」といいながらもなにも変わっていないことの証です。

それでですね、あらためてこの日本の15年は何だったんだ? と思わずにいられません。

やった気になっただけで、何も変わっていないということです。これは。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年9月14日 (火)

DWが本日アップデートされたら

Dwhtml5
Dwが本日アップデートされたら、「HTML5/CSS3 特設サイト -Adobe Dreamweaver CS5-」というのが開設されていました。

http://adobe-html5.jp/

マルチデバイス対応のHTML5を実装しているそうです。

Appleがアプリで近づけば、AdobeもHTML5へ近づいたというわけですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PagesでのePub書き出しやってみた

Imacg5
iMac G5をアップデートしてMac OS X v10.5 Leopardに

iWork09をアップデートしようと思ったら、10.5 Leopard以降が必要でした。Tigerじゃダメなのね!

いきなり大仕事になってしまい、OSアップデートに1時間、その他ソフトウエアアップデートに1時間とかなりの時間を要してしまいました。いままで、我慢に我慢を重ねて、出番が少なくなっていた自宅のiMacもこれでブラッシュアップです。おまけに、Apple Wireless KeyboardとMagic MouseをiMacにおごって、まるで新しいマックを手に入れたかのようです。久しぶりに自宅のiMacでいろいろ遊びました。

会社でもLeopardですから、やっぱり使い慣れた機能が使えて満足度があがりました。しかしPPCはLeopardまでですから、これで最後ですね。

さて、PagesのePub書き出しですが、そのPages文書とそれをePubに書き出したものにしました。以下は、その2つのデータです。テストデータなのできちんとしていないのは、ご勘弁ください。でもePubが簡単にできるという意味ではもっとも扱いやすいかもしれません。

「pagesepub.zip」をダウンロード

やはり問題は画像のデータですね。72dpiにダウンサンプリングされるので、きれいなデータを貼ってもかなり荒れてしまいます。きれいに見せるには最初から72dpiにサンプリングされたきれいなデータを貼らないといけないようです。

画面のスナップショットのようなものを貼り込むのはコピペでも大丈夫ですが、細かい図表等はちょと工夫が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年9月13日 (月)

20歳のときに知っておきたかったこと Free版がダウンロードできます

I_wa_20
20歳のときに知っておきたかったこと Free版がダウンロードできます。
もちろん全部が読めるわけではないのですが、ページ数も多く、十分この本を読みたくなるぐらいの内容で、すごく楽しめます。iPadとiPhoneで読むように紹介されていますが、もちろんPCやMacでも見ることができます。
http://e-days.cc/campaign/epub.html

あと、ePub形式なので、仕事柄ついついスタイルを見たくなってしまいます。この本では結構スタイルシードで決めていますね。という参考にもなります。

それにしてもAdobe Digital Editionsの表示はなんとかしてほしいですね。フォントも、マージンも、このePubリーダーではとても読む気になれません。ePubの日本語仕様というものがないためか、Adobeはまだとりあえず提供しているというだけで、本当にこれで読む気にさせる気があるとは思えません。表示フォントとマージンだけは変更できるようにしてほしいです。

追伸です 2010.09.13 19:30

面白いのは、Appleのスティーブ・ジョブズが2回登場します。この話を読むだけでもFree版をダウンロードして、読む価値があります。

MacがどうしてDTPを実現したのかということ、アップルを去ることになった時のこと。すごくいい話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

iWork09のPagesでePub書き出しをサポート

Iwork09up
アップルは8月26日のアップデートでiWork09に含まれるPagesでePub作成を改善したそうです。サポート文書も公開されています。
http://support.apple.com/kb/HT4168?viewlocale=ja_JP

動画の埋め込み等を先取りしてiBooksで見られるようですね。
色々な方の試みが検索すると出てきます。

ePubが簡単にできるという意味では最もとっつきやすいかもかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

気がつけばブラウザはIE8がメインに

Brw
アクセス解析をみると気がつけばブラウザのNo.1はIE8です。
Webの仕事をしていると、お客さんから「きちんと見えないだけど?」と指摘されることがあります。だいたいブラウザが古かったり、あるいは新しかったりと、ブラウザによって見え方が異なる場合があるので、そうした質問になったりします。もちろんブラウザに左右されないコーディングをしなければいけませんが、どのブラウザを対象に確認するかは考えないといけません。

Os
ではOSは? とみると、やはりNo.1はWindows Xpですね。Vistaと7もだんだん増えてきていますね。両方で14%ほどになります。DTP関係のブログなのでMac OS Xが第2位になっていますが、OS9系が9%ありますから、ちょっとびっくりです。

してみると、やはりWindows Xpがメインとなっており、Windows updateによってIE8に急速に切り替わってきたと思われます。お客さんでも、「うまくプリントできなくなった」とか、「メールソフトからプリントすると画像が切れてしまう」とかの反応が多かったのですが、だいたい落ち着いてきていますね。

ところで、これまた何回となく延長されてきたWindows XpプリインストールのPC出荷が「最終」とか宣言されています。現在Professional版へのダウングレードで提供されているわけですが、はたしてこれが本物になるのか? です。そうなれば、Windows 7への移行もすすむわけですが、どうも企業ユーザはまだまだXpがメインです。これから年末へ向けて、タブレット型も含めてWindows 7とアンドロイドの製品ラッシュが続くと思われますが、このあたりがターニングポイントになるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

東京は雨が恋しいこの頃です

Asukayama
東京ではもうかれこれ1ヵ月近く雨が降っていません。
それにこの暑さですから、かなり乾ききっています、人も大地も。
今日の午後、納品に出かけますと、ご覧の通りガラガラです。ここは何時も渋滞道路で、こんなにガラガラなのは珍しいです。

9月に入って夏休みも終わり、道路の混雑も一段落してきたようです。8月中は結構、物流系のトラックやトレーラーが列をなして走っていたのも、今はなくなってきていますし、一般車も少なめになっています。で、仕事の方も急に落ち着いてきてしまっています。まあ、うちの仕事柄今週だけの話かもしれませんが。
8月はなんだかんだと納期に追われまして、結構忙しかったのです。お盆前と後が特に忙しかったです。で、そのまま9月に突入してしまいました。最近はこの仕事の波の上下動が激しいので気が抜けませんね。

Nスペの「シリーズ 灼熱のアジア」を見ていると、日本はやっぱり島国で、浦島太郎状態なのかと思ってしまいます。しかしもうアジアの諸国にも日本人がどんどん出て行ってしまうほど、仕事の流れはあちら側に勢いがあるわけですから、当たり前です。そういえば知り合いの建築士の方も上海で仕事しているというし…。だから国内の雇用をどうするのかは大問題ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »