« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月30日 (水)

CS5で古いバージョンのデータを開くときは注意

Sc002

いやー実際に印刷されしまってから気がついたんですが、InDesign CS5でCS4のデータを開いて更新したら、なんと修正しなかった別の箇所に文字化けが出ていました。最初はCTPの文字化けかなと思ったら、なんとデータそのものが上の画像のようになっていました。ガ~ん!

Sc001
ただしくは、この画像のようになるはずだったんですね。

どうしてかな? とwebで検索すると、以下のサイトに説明がありました。
http://d.hatena.ne.jp/NAOI/20101006

これは怖いですね。
異体字を使用したデータは要注意です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

落ち着きを取り戻そう

Teiden
昨晩は我が家も計画停電 18:20~22:00の時間帯は帰宅・夕食・入浴時間なので結構大変ですが、被災された方々や病院等で生命を守られている方々の苦労を思えば、あっという間に時間は過ぎてしまうものです。

懐中電灯は移動する時には便利ですが、机の上に上の写真のような電灯があると便利です。これは単三乾電池3本で点灯するものですが、リビングの机におくだけで、夕食をとったりするのには十分です。これにエネループを入れて使っていますが、停電期間中はまだ一度も充電していません。もっとも料理の食材の色とかは食べていてもほとんど識別できませんが^^;)

あと、停電になると危ないのは一般道路です。これはかなりヒヤヒヤもので、人が横断歩道を渡るのはとても難しく、危険です。人が自動車のライトに紛れてほとんど認識できません。それに自動車が頻繁に往来する箇所は、立て続けにならんだ自動車がどんどん交差点に入ってくるので、片方の自動車の列がとぎれるまでは、もう片方は進行できない状態が続きます。たぶん、止まってしまうと渡れなくなるのを恐れて、どんどん進入してくるのだと思いますが、これは危険です。警察や行政が、停電時の交差点の通過ルールをもっと明確にして周知することが、事故をなくす上でも必要だと思われます。

さて、首都圏でもやっとガソリンが普段通りに給油できる状態になりつつあります。昨日は25日でしたので物流系のトラックやトレーラーが久しぶりに多く見られました。乳幼児の基準を超える放射線量が検出された水道水の件で、週末はまたまた大混乱していましたが、本当に必要な人にこそ分け与えられるべきで、報道に過敏に反応して買い占めをするのだけはもういいかげんうんざりです。少しは大人らしい落ち着いた行動をお願いしたいものです。みんなが落ち着いた行動をしていれば、東京近辺は普段通りの生活が出来るはずです。ここは被災地ではないのですから。こんな状態では東京が被災するとどうなるかは言わずもがなです。そうならないためにも、今からどうするのが最善かを家族や友人、職場の人と話し合いをしてはどうでしょうか? 避難場所や連絡方法、水や食料のこと、停電の時にそんな話をするのもいいものですよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

都内は閑散としていますよ

Kobusi
昨日お昼過ぎから徐々に鉄道の運行が戻りつつあり、ちょっとホッとします。
昨日は私も片道23kmを自転車で会社まで通勤しました。
最寄りのJR線はずっと運休ですから、車で出かけるか、付近の、とはいっても7km以上はあるのですが、私鉄線まで行くしかないので、以前から一度は自転車で会社まで行ってみたかったので、自分によいチャンスと言い聞かせ挑戦しました。ちょっと道に迷ったこともあってちょうど2時間で会社へ到着。だいたい予想通りでしたので、50歳を過ぎたペースとしては納得できます。ママチャリだったこともあり、帰路は膝がガクガク、それでも今日にはすっかり直っていました。

ところで、朝は都心へ向かうマイカーで大渋滞していた月曜、火曜でしたが、本日から鉄道が復旧しはじめたこともあり、今日は少しすいていました。都心はガラガラで、普段の20%ほどの交通量と人出だと思います。繁華街も人出がほとんどありません。会社の近くの商店街も品物が入荷してこないので、在庫品だけをさばいていますが、徐々に店じまいになっています。今日あたりからはガソリン不足で一般自動車の動きがかなり減っているように思われました。都内でたまに渋滞しているのは営業しているガソリンスタンドの給油待ちの自動車渋滞だけです。それに給油できても10リッターだけしか入れてくれませんから、もうどうしようもありません。非常事態ですから車には出来るだけ乗らない方がよいでしょう。

大企業はどうも開店休業状態で、仕事はまったくといってよいほど動いていません。電話もFAXもほとんどなりません。得意先の社員の方も月曜、火曜は会社へ出社できない場合が多く、今日あたりから少しずつ連絡がつき始めました。

印刷業者には特に重要な紙の需給が逼迫する気配です。まず倉庫の在庫がこの地震で荷崩れをして出荷できないものが多くなっていること、整理のため出荷にとまどっていること、それに製紙会社の東北地方の工場の設備と在庫が被災により、しばらく動かないし、在庫もほとんど全損ということですから、今後は、ますます紙が足りなくなる感じだそうです。

本日の帰宅時にJR線に乗りますと、車内の約半数の釣り広告がありませんでした。この被災による影響だと思われます。またすでにお客さんからは4月の仕事予定のキャンセルがきまったという連絡がありました。色々な企画や行事がキャンセルされつつあり、やはりかなり経済の落ち込みも覚悟しないといけないようです。

我が家も今日はじめて「計画停電」になりました。まだ結構強い余震が続いていますし、電車も50~100%運行なので、普段通りとはいきません。お店も6時ぐらいには閉まってしまいます。首都高速は5日目でほぼ復旧したようです。

ともかく一番の心配は原発です。これを何とかしなくては、何もはじめられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

出来ることをしっかりやろう

Crocus02

まさに空前絶後の大地震で、今もまだ余震が続いており、被災地の方々のご苦労は計り知れないものでしょう。とにかく一人ひとりが、出来ることをしっかりやりきって、この日本の窮地を打開していくしかありません。落ち着いて、いっしょに頑張りましょう。

明日からは輪番停電もはじまりますし、余震が続いており、交通事情も安定していません。とにかくセイフティー・ファーストで行動していきましょう。

地震発生時は社内の月1回の経営会議中でした。はじめはゆっくり揺れたかなと思ったら、次からはかなり強くゆらゆらと揺さぶられるような、ちょうど船酔いでもしたかのような気分になりました。積み重ねてあった印刷物や空き箱が多少崩れたり、自動現像機や加湿器がゆられた影響でエラー信号を発しました。

会議後は交通状況が完全に麻痺しており、社員も帰宅できない状況でした。その後も余震がたびたび続き、安心できない状況でした。携帯電話は地震直後は通じたものの、その後は通話もショートメールもEメールも通じない状況でした。固定電話も麻痺状態でほとんどかからないので、仕事もストップです。かろうじてG-mailやTwiterがわりと確実に情報を伝えていたようです。私鉄もJRもすべてがストップし、幹線道は車があふれており、しかも帰宅するために歩道を歩く人々があふれかえっていました。夜9時すぎぐらいから地下鉄が動き始め、私鉄も徐々に動き始めたのが救いでした。

私は得意先の印刷所や製本所の方と帰る方向が一緒なので、同乗させてもらい、車で都内を出発しましたが、幹線道の下り方向はもうほとんど動かず、徐々に上り方向も渋滞しはじめました。帰宅を目指す車と都心へ迎えにいく車があふれかえっていました。首都高速が完全に通行止めになりましたので、一般幹線道が大渋滞です。とにかく裏道を横へ横へと動きながら幹線道を避けて走りました。運良く、大渋滞にはつかまらずに、移動できましたが、通常1時間ぐらいのところを2時間半から3時間かけて帰宅することができました。結局帰宅したのは夜の9時過ぎでした。

夜の8時過ぎになってJRの本日中の復旧はないことになり、駅前にあふれかえった都心に残された人が避難所へ誘導され一夜を明かすことになりました。駅のバス停やタクシー乗り場は長蛇の列で、しかも大渋滞で待てどもタクシーもバスもなかなかこない様子でした。

夜も遅くなって知り合いの方と連絡を取り合うと、卒業遠足でディズニーランドへ行って帰ってこれなくなった中学生や、仙台へ入学手続きに出かけて連絡が不通になった友だち、千葉方面の方は自宅近くの家が地盤が液状化して倒壊しそうだとか、娘さんがエレベータに閉じこめられたとか、身近なところでも色々な被害が起きていることが分かりました。まさに首都圏でも初めての事だらけでした。

とにかくまずは東北地方のライフラインを復旧させ、原発の安全性を確保することです。そのために一人ひとりがやれることをきっちりと実行することです。やれることはなんでもやりましょう。協力、連帯して。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

2月はボチボチで年度末仕事もいまいちです

Sora
3月に入ってもとても寒い日が続いています

1月後半はとても忙しかったのですが、2月に入ってからは静かです。とはいっても、それなりに仕事は動いていますが、昨年のような忙しくて大変、大変というようなことはなく、電話もあまり鳴りませんし、道路も朝だけは混んでいますがそれでもピーク時の3/4程で、後はとてもすいている状態です。私も2月中旬は定時退社が何日か続きました。

年度末仕事もあまり動きがなく、印刷仕事の動きは年明けから徐々に悪くなっています。政府予算も審議が進まず、来年の準備が始まらないのが、影響しているかもしれません。

春の芽吹きはどんどん進んでいますが、この寒さで、ちょっと足踏み状態です。

ところで、新MacBookProとiPad2はすばらしくいいですね。ノートブックとはいえ、もうパワーはかつてのMacPro並ですから、びっくりします。

Macお宝さんでベンチマークが紹介されています
http://www.macotakara.jp/blog/index.php?ID=11664

Geekbenchでは私のiMacのスコアを調べるとは64bitで7000台後半から8000台はじめという数値ですから、これを上回る数値です。Sandy Bridge世代のパソコンのすごさが分かります。それにあの質感は他を寄せ付けないでしょう。

アップルは今、ハードとソフトをあわせて開発している珍しいメーカーです。
PC Watchの「新型MacBook Proの発表に思う、Appleの強み、Microsoftの弱さ」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/mobile/20110302_430321.html
を読みますと次期OSのLionでは画面の画素数を4倍にしたものが用意されているというのですから、これはRetinaディスプレイをパソコンにも用意するのかもしれませんね。

iPad2も順当な仕上がりですが、SDカードスロット等がないのが残念です。でもこれはiOSがiPad上ではファイルというものを普通には見えない(感じさせない)ようにしている仕様ですから仕方ないのかもしれません。あくまでもiTunesで操作するのが前提となっているわけです。

前機種が在庫処分でかなり安くなっているので、これで会社の会議をやりたいですね。お金があれば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »