« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月29日 (木)

世界につながるスマフォのフリック操作

Kouyou
都心の紅葉もいいかんじです。
もう来週は12月なんです あぁぁぁ~ なんと速い一年でしょう。

ところで今、海外に知り合いが行っているので、とうとう私もiPhone 5ユーザーになってしまいました。もちろん前々から欲しかったのですが、知り合いが海外からiPhoneで連絡してくるので、iPhone5も出たことだし、テザリングもできるということで決断。最初は品薄でどこにも在庫がない状態でしたが、11月第2週には店頭在庫も結構出まわり、その場でGetできました。

で、何がすごいかってスマフォの「フリック操作が世界につながっている」という感覚です。時差があってもこの小さな端末で、気軽にFaceTimeできてしまう。たまたま知り合いが海外へ行ったのがきっかけですが、世界をとびまわっている人にはこれは本当に便利な端末です。

NIFTYでフォーラム巡回なんていう世界からはじまったモデム世代ですから、手先のこの小さな端末が世界へつながってリアルタイムでコミュニケーションできてしまうのは夢のようです。それにLTEの速さったら感動ものですね。

初代iPhoneが2007年登場ですから、5年が経過しています。この間の変化はまた特別だと思います。そういえば最近は先進国では製品やサービスが世界同時に、あるいはほとんどタイムラグなく提供されています。印刷の世界でも昨日drupaで発表されたものが、すぐに国内でも紹介されています。技術が標準化され、グローバル市場に提供され、すべてを結びつけていく時代のすさまじい勢いを感じます。

テクノロジーが人々の幸せに結びついているのか? それはやはり使い方次第でしょう。 膨大な情報エネルギーを消費するだけでは、それはなしえません。デザインやグラフィックもこの新しい時代にこたえて行かなくてはいけないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »