« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月25日 (火)

Adobe CC アプリケーションマネージャーのエラー

早速Adobe CCのシート追加の連絡があったので、IDのダウンロードをクリックしたものの、アプリケーションマネージャーのアップデートが失敗して、前に進みません。いままではCS5またはCS5.5環境なんですが、両方ともエラーとなります。

当社は27inch iMacなんですが、私の場合仕事柄Windows上での作業が多く、Windows 7をParallersの仮想環境で構築しています。後輩がAdobeさんにチャットで問い合わせをしたところ、仮想環境はサポート外です、解決方法は3つありますと紹介されたが、全部だめ。最後は仮想環境はサポートしていません、Bootcamp環境で試してみてください、とのことでした。

一応、CC関連のこれまでのインストールエラーをググって調べると、どうもAdobeのアプリケーションマネージャーだけをダウンロードしてアップデートすれば解消するかもしれないとのこと。ということで、下記のサイトから最新のアプリケーションマネージャーをインストールします。
http://www.adobe.com/jp/applicationmanagerpatch/thankyouwin.html

Aam7
で、アップデートがうまくいったら、アプリケーションマネージャーを起動。アカウントパスワードを入力すると、アプリのダウンロード選択画面になります。これで、めでたし、めでたしです。
「アプリケーションマネージャーの最新版をインストールすればエラーが解消する」ぐらいのことはAdobeさんもすぐに答えてほしいですね。

ついでに取りあえずIDのCCではなく、CS6をインストールです。まだプラグインが対応していないので。このCS6がどこでダウンロードできるかもちょっとわかりにくいです。

Idcc_6_2
CC版のダウンロードを選択して、IDのダウンロード画面になったら、画面左上の製品情報の下に選択CCとCS6を選択するスイッチがあるので、ここで選択します。他のアプリも同様でしょう。
ということで、仮想環境でも無事CCアプリケーションマネージャーからダウンロード、インストールできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

Designed by Apple in California

Apple_design
WWDC2013でAppleのクックCEOが
「Designed by Apple in California」のメッセージとCMを発信しました。
Appleのサイトで公開されています。
http://www.apple.com/jp/designed-by-apple/

Appleという会社の姿勢がここによく現れていると思いました。
何を大事にしているのか。
イメージ映像、メッセージの日本語訳、そしてCMです。
メッセージを読むと背筋がピンとするような気がします。

再びこのようなメッセージを発することで、
自らを奮い立たせ、「Think different.」していく。
Appleという会社のスピリットですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

現状Kindle iOSアプリでユーザーサイドの実機検証は不能

Biwa
関東地方も梅雨本番でかなり蒸し暑いですが、
今年の路地端の紫陽花は色が濃くきれいですし、
庭のびわも最盛期で実りがよく、とてもおいしいです。

さて、ゼロックスDTP Festaのセミナー報告第3弾です。
アマゾンジャパンの方の「EPUBの実践:安く、早く、シンプルに!~Kindleで出版するフォーマットの理解と可能性」についてです。

セミナールームは約100名弱ぐらいの部屋ですが、ちょっと空席もちらほら。参加者は背広姿の役職らしい方も多かったようです。電子書籍の制作に取りかかっている人は約3割。Kindleで出版したことのある人は3、4人。HTMLやCSSもわからない人約半数。こんな感じの挙手アンケートをしてから、セミナーがはじまりました。

当然「みなさんAmzonで買い物したことありませよね!」とも。KDPで出版するにはアカウントが必要ですから、買い物してくださいね!ということです。
内容的にはKDPのガイドラインにあるようなことをコードをまじえながら説明していく感じでした。

さて、質問の時間に移って、さっそくiOSアプリでの挙動についての質問です。

現状iOSアプリではmobi7までの対応。(縦書きもだめということ)
きちんと変換するにはサーバーとの連携が必要。
iOSアプリはそうのうち対応。(そのうちがいつになるかは不明)
現状、iOSでのユーザーサイドでの実機検証は不能
基本的にKindle端末やKindle Previewerで見えていれば、ほぼ問題ない

という説明でした。

あと、データ作成の注意点として

svgページ、Audio、Videoはサポートしていない
縦組みのときのアンダーラインはデフォルトでは左側にきてしまいので、text-decoration:overlineとCSSで指定すること
縦組みのときのとびらページ等の左右中央揃えは非推奨(どうしてもなら画像で)
画像の品質が悪いものは出版させない
日本語ではWord入稿は無理です(英語版サイトを翻訳しているだけです)
一太郎でのmobi変換は外字も自動的に画像に書き出しするようです

などなどがありました。

AmazonさんiOS版アプリのバージョンアップ、早めにお願いします。これだけで、出版する人(出版社)がどれだけ心配になっているのか、想像してくださいね。それか何か公式アナウンスでもしていただければ、安心すると思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

Adobe Creative Cloud グループ版 2年目も月額4000円で

Adbccg
Adobe Creative Cloud グループ版なんですが、6月28日までに手続き完了なら、2年目も月額4000円ということらしいです。移行するなら今のうちですね。

セミナーに参加した各人から報告を聞きました。
Adobeのサイト上も情報が錯綜しており、当初は6月14日申し込みの特典やら、12月までの申し込み特典やら、いろいろとあったようですが、先のゼロックス東京のDTP FestaでAdobeさんが配布したチラシのひとつ(これも実は2種類あります)には上記の記載が明記されています。

2年間使い倒せるならいいでしょう。使い出したら、たぶんあとにはもどれないけど。

それと、これは会社としては資産ではなく、全額経費扱いになる点もこれまでのパッケージソフトとは違うので検討くださいということでした。<adobe

6.26 17:25追記
あと、Webで画像作成やデザインサンプル作るのにつかってきたFWが今回無くなりました。
CSSの時代になって必要がなくなったというのも時代ですね。
CS6にはあるので、こっちを使えということでしょう。
そういえばFLASHもほとんどアプリ開発環境に変貌しているしね。こちらはCCでもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

ゼロックスのDTP Festaへ行ってきた

Dtpfes_2
富士ゼロックス東京のDTP Festaへ行ってきました。

私が参加したのは午前11:00からの「特殊マテリアル+オンデマンド印刷で効果抜群の販促を!」です。月曜日だし、午前中だし、オンデマンドのマテリアル系のセミナーということで、参加はかんばしくないかな?なんて思っていたのですが、いやいや会場は9割方埋まっていました。それに参加者の世代も結構若い方が多かった。印刷屋というよりは別業種の方が多かったかもしれません。

で、セミナーの内容なんですが、オンデマンドのマテリアル系って結構あるんですね。
うちはページものが多いので特殊紙はほとんど扱っていないのですが、今回のセミナーではいろいろ刺激をうけました。セミナー会場の後ろには展示ブースもあり、「ラミフリー」もはじめて実物を拝見することができました。

考えてみれば一般紙を使用した定期刊行物等の印刷物を中心にやっているので、特殊紙にはあまり目を向けてこなかったのです。でも、大量複製する印刷の時代は一部の仕事を除き終わりを迎えつつあり、その代わりますますパーソナルな、そしてニーズとタイミング合わせた、オンリーワン的な印刷物の時代へと変化していると実感します。それが可能なデジタル時代の印刷なんだろうと思います。

こうして様々なオンデマンドで使えるマテリアル製品が登場していること事態、広がりを実感しました。ゼロックスさんのサポートもますますこうしたニーズを掘り起こしていく、サポートしていく側面が強くなってきているように思います。

このDTP Festaは12日(水)まで開催で、交代で社員が参加することにしています。何かを感じて、すこしでも刺激を受けてきてほしいな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

エメラルドビーチです

Eme
沖縄海洋公園のエメラルドビーチ

この週末、沖縄へ行ってきました。

美ら海水族館へいったら、エメラルドビーチ(写真の通り本当にエメラルドですわ^^;))があったので一泳ぎしてきました。話には聞いていた美しい沖縄の海ですが、これは本当に一見の価値があります。このビーチは公園内の人工ビーチですが、それでも波打ち際まで小魚が泳いでいて、そのきれいなことは言葉では言い尽くせない程です。

本当は泳ぐ時間などなかったのですが、せっかくの沖縄、すきあれば絶対にビーチで泳ぎたいと思って水着、ゴーグル、バスタオルを鞄に潜ませどこかで泳げないかな?って。そしたら美ら海水族館に「エメラルドビーチ」の表示が!みんなが水族館を見学している間にザブーンと。ビーチにはシャワーやコインロッカー付きの着替え室など、まだ新しい施設できれいでした。

あとでタクシーの運転手に聞いたら、「沖縄もずっと雨で、こんなに晴れたのは運がいいよ」といわれました。泳げたのはまさに奇跡です。

沖縄はやっぱり観光の島で、中国や韓国からの団体旅行客も多く、欧米の方もチラホラと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »