« 今日から我が社も約半数テレワーク | トップページ | オンデマンド機 用紙が変わったらスペック通りの性能だった »

2020年4月27日 (月)

CIDフォント含む図版AIデータは注意

Img_0559

娘からもらったドーナッツ 差し入れ

InDesign 2019で15年くらい前のパンフレットのデータ更新をしたのですが、データを開くたびに一部レイアウトが崩れる事態に遭遇しました。たしか2015バージョンでやったときは、こんなことはなかったような気がしますが、記憶が定かでありませんので。

現象としては、AI図版を貼り込んだページのレイアウトが崩れます。ブロックごとにあちこちに勝手に移動しています。それと、PDF書き出しがエラーで書き出せません。

急ぎだったので、必要な該当ページのみ修正して、そのページのみPDF書き出しで乗り切りました。

で、原因としてはAIデータがCIDフォントで作成されていたのでした。制作が2003~2010年ぐらいのデータです。これを40点ばかりOTFフォントに置換して、リンクを更新したところ無事に不具合はなくなりました。Adobeから今後CIDフォントをサポートしないというアナウンスは以前ありましたが、まさかInDesignで出てくるとは思いませんでした。あのときのAdobeのアナウンスはPSの新バージョンからだったと記憶しています。

たまっている、古いデータを流用したりする場合も要注意ですね。

 

|

« 今日から我が社も約半数テレワーク | トップページ | オンデマンド機 用紙が変わったらスペック通りの性能だった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日から我が社も約半数テレワーク | トップページ | オンデマンド機 用紙が変わったらスペック通りの性能だった »