« 2020年4月 | トップページ

2020年6月 1日 (月)

オンデマンド機 用紙が変わったらスペック通りの性能だった

Onde2

以前「2019年を振り返って」(2020年2月2日)で

特にB5判の頁物出力(プリントは見開きでB4W)で比べるとV180より1.5倍ぐらい生産性があり、同時にオンデマンド出力でこなすロットも拡大しました。これは予想外で、機械のスペック表だけではわからない点です。

と書いたのですが、4月から冊子が新デザイン、フォーマット変更になり、あわせて印刷用紙が変わり、その結果、PRO7200sとV180Pの生産性はメーカーのスペック通りの差しか出ない事がわかりました。ゼロックスV180の性能が悪いわけではないので、訂正します。

 ただ、以前使用していたV180Pにクリームキンマリ(B判60kg)との相性が悪かったことは事実です。もう10年くらい同じ仕様で仕事をしてきましたが、ゼロックス700DCPやV80Pでは見られなかったので、たぶん個体差が原因だと思います。実際プリントすると、この仕事ではV180PとPRO7200sでは1.5倍ぐらい生産性が違ったのも確かです。生産性が大きく違う原因は、V180Pの紙送りがこのクリキンだと悪く、紙詰まりやそのエラーからの復帰などで時間をとられて、結果として出力枚数に大きな差が生まれていました。

 今回、用紙をこのクリキンと同程度の斤量の別の本文用紙に変更したところ、V180Pでクリキンのような現象が発生せず、スペック通りに印刷されました。V180Pは80枚機、PRO7200sは85枚機(A4連続出力)なので、1割ましぐらい7200が速くなります。

 おかげで、ストレスなく2台出力でき、6時間もあればB5判100ページ、600部の仕事が片付きます。デジタル印刷のよいところは、印刷したらすぐに製本工程に回せる事です。機械がスペック通りに動くのは、当たり前の事ですが、いままでずいぶんストレスになっていた事を実感させられました。

 

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ