2005年7月31日 (日)

資格はあったほうがよいけれど

beni
ベニシジミはかわいい蝶ですね

下の子の通う中学の担任の先生が朝日新聞の記事を紹介するプリントを配布しました。就職相談の「キャリアスタートQ&A」というコーナーです。記事は就職に資格は必要かどうかという疑問に応える内容です。「なんとなく資格を持っていると安心」ということで資格取得に走る人がいるが、それはちょっと危険だと思うと指摘して、大事なのは「基礎力」だとしています。どんな仕事をするにしても必要になる力です。
 1)人と円滑な仕事関係を築いていける「対人能力」
 2)自分自身の感情を制御し、前向きに物事を考える「対自己能力」
 3)問題と向かい合い解決に導く「課題解決能力」
以上3つの能力を「基礎力」としています。
今、時代は混沌としていて複雑化し、問題や課題も多くなっています。一人が場面場面に応じて様々なことをこなしていかなければいけない時代です。この3つの力もそれぞれが別々のものではなく、日々切磋琢磨していくことで身につけていけるものです。
頭ではわかっていても体は正直で、なかなかこうした仕事スタイルではすすみませんが、毎日をいかに心がけて、いつも相手から学んでいくという謙虚な姿勢が大切だと思います。
と、まあ我が子に説明をしても、まだ中学生の「ぼー」としていて眠っているような子どもらに先生の熱い思いは伝わったのか…と。いつ目が覚めるのか、覚めないまま人生の大半を過ごしていくのか? これは本人次第ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)