2014年9月15日 (月)

微積で解いて得する物理 電子書籍版について

Cover2014_2
「微積で解いて得する物理」の電子書籍版が出版されました。
amazonで

これの電子書籍版の制作は、リフロー型で数式表現をどうするのかということで色々な試行錯誤がありました。結果として、紙版の書籍の雰囲気に出来るだけ近づけた画面表示をしたい…ということで、数式等は全部画像で処理するということになりました。

だから画像の切り出しとコーディングが作業のほとんどです。それと、行取りしている数式はいいのですが、行中の数式画像を文字扱いとして、表示フォントの拡大縮小にも連動するようにしなければいけません。画像は全部で1200点弱ぐらいあったと思います。

こうなるとやはり自動的にばばっとやるわけにもいかず、どうしても工数がかさんでしまうのが実情ではないでしょうか? またこの手の電子書籍は、出版社側の校正作業も大変で、画像部分をひとつひとつ確認する作業が必要です。もちろん、大きな赤字修正もなくすみましたが、確認作業にも時間がかかります。

リフロー型の苦労が勉強になりました。
固定レイアウトの電子書籍ならページ画像にするだけでいいのですから、ほとんど苦労はいりません。

ところで、私はまだ初代iPadなんですが、これで見るのと、最近の高解像の端末で見るのとではやはりテキストや画像の表示に結構違いがありました。高解像度の端末は、やっぱりテキストも画像もすっきり、くっきりしていて、大変読みやすいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

これは、パケ買いしてしまいますね

Sirokuma
その名も「札幌円山動物園ラーメン」です

インスタントラーメンなんですが、このパッケージだけで思わず買ってきてしまったかみさん。いつものスーパーでのお買い物に行って、喜んで買ってきました。

製造は藤原製麺、販売はノースユナイテッドとなっております。
「この商品は円山動物園を応援しています」とうたって、売上の一部は動物園のエサ代として寄付されているそうです。

で、お味の方なんですが、これは「しお」味で、しかも後味すっきりのインスタントラーメンらしからぬ心地よさ。麺は細麺タイプですが、しゃっきりしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

JGAS2013行ってきました

Jgas2013_2
今年のJGAS2013は
天気にも恵まれず、人出は最終日も少なかったようです。
来場者一覧は下記より
http://www.jgas.jp/ja/jgasraijoushasu/

概括的な印象としては
デジタル印刷がいずこも大きなウエートを占めてきた、
連帳インクジェットむけの製品が多くなった、
オンデマンドはどこも当たり前、
プリントパックの手提げ袋を下げた人が意外と多かった
などなどです。

個人的には、モリサワブースでもらった
「MORISAWA PASSPORT 本文組見本帳」がよかった。
文字組版をコアな仕事にしているので、これはよいものをもらいました!
縦組み、横組みのサンプルで総ページ数576ページもあります。
Passpo

あとはオンデマンド機器の情報収集など。
700DCPを導入して早くも5年が経過、さてこれからどうすべきか?
クオリティやサービスの拡充をどうお客様とつくっていけるか、思案中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

8/18 朝日新聞 GLOBEは「図書館へ行こう」

Globe818

「図書館が変身している。たくさんの本を所蔵して
貸し出すのはもちろん、デジタル情報にもアクセスでき、
居心地もよく…。時代の流れに対応し、人々をひきつけ続けるのは、
どんな図書館なのか。」

アメリカ、韓国、日本、デンマークなどの事例をあげながら、図書館の今、そしてこれからを特集しています。
図書館はデジタル化の中でもうデータベースのようなものですが、それだけではなく、人と人を結びつける、ビジネスを起こしていく場所に変化しつつあるようです。日本でもそうした取り組みが増えていくといいですね。

情報発信(出版)も生活スタイルの変化の中で、様々なかたちでパブリッシュしていくことが問われていて、形(形式、媒体)ばかりにとらわれていると、伝えるべきものも伝わらなくなってきてしまうのが課題です。

10:17 追記:

今の30代世代はほとんど新聞紙を購読していないので(私の周囲だけかもしれませんが)、新聞でいろいろなよい記事があるとみんなにみせているわけです。新聞はすごい情報量なんですが、ネットで知る新聞記事とはその記事の幅が全然違うので、インターネットだけではやはり一面的なステレオタイプの情報にどんどん追い込まれてしまう気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月20日 (土)

Adobe Creative Cloud 24000円キャッシュバックキャンペーンだって

Acc_psn_2

Adobe Creative Cloud個人版が最大24000円キャッシュバックだって。
なんかすごいセールだな。
http://www.adobe.com/jp/joc/cc/cashback1306/#taisyoujyouken

グループ版の「2年目も4000円」もすごかったが、
こちらは実質月額1000円になるわけだからね。

購入期間と申込期間があるのでお間違えなく。
いやー、それにしてもすごいな!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月17日 (水)

アプリケーションマネジャーがACCに

Acc
本日Windows7を起動したら、
AdobeのアプリケーションマネージャーがCreative Cloudにアップデートされました。
(WindowsもMacもアップデートされた)

これで正式なCCインストール環境になったようです。
仕事が仕掛かり中なため、とりあえずID CS6環境には移行したのですが、
案の定、他のアプリをいじくる暇がありませんね。

先のブックフェア、電子出版EXPO等々ではADPSがらみのコンテンツ開発の展示がめだっていましたが、電子書籍もこれからますますいろいろな使われ方を想定したプラットホームへ広がっていく気がします。マイクロコンテンツや販促・宣伝、プロモーションなどの面でもいろいろ出てくるのではないでしょうか?

ともあれ、環境だけは徐々に移行しつつ、アイデアをふくらませていきたいと思います。

Adobe Creative Cloudをどう位置づけているのかは
Adobe Create Now MAX 2013 速報イベントの動画の最初の部分によくまとまっていると思います。

http://www.youtube.com/watch?v=q5RRsUSoipE&list=UUT_ByvEol9W0T6MwdL0j0Dw&index=14

これが新しい地平へ向かうのかどうかはユーザー次第ですが、仕事の仕方は徐々に変わっていくと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木)

Kindle Preview 2.9でiOSアプリでも確認可能に

Kinpre29
6月は毎年忙しく、仕事に忙殺されチェックするのがおそくなりました。
表題の通り6月20日にリリースされたKindle Preview 2.9でiOSアプリでもデータの確認可能になりました。

下記サイトでレビューしています
http://on-deck.jp/archives/554

iOS向けにazkの拡張子がついたファイルが新しく生成されます。
これをiTunesでアプリに転送すると、きちんと表示できます。

さすがに、やっと念願の機能がサポートされたということです。
めでたし、めでたし。

出版社への不安も解消してくれるでしょう。

2013.7.5追記

このazkファイルはsend to kindleに対応していないので、
こちらも早めの対応をお願いしたいとことろです。>Amazon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火)

Adobe CC アプリケーションマネージャーのエラー

早速Adobe CCのシート追加の連絡があったので、IDのダウンロードをクリックしたものの、アプリケーションマネージャーのアップデートが失敗して、前に進みません。いままではCS5またはCS5.5環境なんですが、両方ともエラーとなります。

当社は27inch iMacなんですが、私の場合仕事柄Windows上での作業が多く、Windows 7をParallersの仮想環境で構築しています。後輩がAdobeさんにチャットで問い合わせをしたところ、仮想環境はサポート外です、解決方法は3つありますと紹介されたが、全部だめ。最後は仮想環境はサポートしていません、Bootcamp環境で試してみてください、とのことでした。

一応、CC関連のこれまでのインストールエラーをググって調べると、どうもAdobeのアプリケーションマネージャーだけをダウンロードしてアップデートすれば解消するかもしれないとのこと。ということで、下記のサイトから最新のアプリケーションマネージャーをインストールします。
http://www.adobe.com/jp/applicationmanagerpatch/thankyouwin.html

Aam7
で、アップデートがうまくいったら、アプリケーションマネージャーを起動。アカウントパスワードを入力すると、アプリのダウンロード選択画面になります。これで、めでたし、めでたしです。
「アプリケーションマネージャーの最新版をインストールすればエラーが解消する」ぐらいのことはAdobeさんもすぐに答えてほしいですね。

ついでに取りあえずIDのCCではなく、CS6をインストールです。まだプラグインが対応していないので。このCS6がどこでダウンロードできるかもちょっとわかりにくいです。

Idcc_6_2
CC版のダウンロードを選択して、IDのダウンロード画面になったら、画面左上の製品情報の下に選択CCとCS6を選択するスイッチがあるので、ここで選択します。他のアプリも同様でしょう。
ということで、仮想環境でも無事CCアプリケーションマネージャーからダウンロード、インストールできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

現状Kindle iOSアプリでユーザーサイドの実機検証は不能

Biwa
関東地方も梅雨本番でかなり蒸し暑いですが、
今年の路地端の紫陽花は色が濃くきれいですし、
庭のびわも最盛期で実りがよく、とてもおいしいです。

さて、ゼロックスDTP Festaのセミナー報告第3弾です。
アマゾンジャパンの方の「EPUBの実践:安く、早く、シンプルに!~Kindleで出版するフォーマットの理解と可能性」についてです。

セミナールームは約100名弱ぐらいの部屋ですが、ちょっと空席もちらほら。参加者は背広姿の役職らしい方も多かったようです。電子書籍の制作に取りかかっている人は約3割。Kindleで出版したことのある人は3、4人。HTMLやCSSもわからない人約半数。こんな感じの挙手アンケートをしてから、セミナーがはじまりました。

当然「みなさんAmzonで買い物したことありませよね!」とも。KDPで出版するにはアカウントが必要ですから、買い物してくださいね!ということです。
内容的にはKDPのガイドラインにあるようなことをコードをまじえながら説明していく感じでした。

さて、質問の時間に移って、さっそくiOSアプリでの挙動についての質問です。

現状iOSアプリではmobi7までの対応。(縦書きもだめということ)
きちんと変換するにはサーバーとの連携が必要。
iOSアプリはそうのうち対応。(そのうちがいつになるかは不明)
現状、iOSでのユーザーサイドでの実機検証は不能
基本的にKindle端末やKindle Previewerで見えていれば、ほぼ問題ない

という説明でした。

あと、データ作成の注意点として

svgページ、Audio、Videoはサポートしていない
縦組みのときのアンダーラインはデフォルトでは左側にきてしまいので、text-decoration:overlineとCSSで指定すること
縦組みのときのとびらページ等の左右中央揃えは非推奨(どうしてもなら画像で)
画像の品質が悪いものは出版させない
日本語ではWord入稿は無理です(英語版サイトを翻訳しているだけです)
一太郎でのmobi変換は外字も自動的に画像に書き出しするようです

などなどがありました。

AmazonさんiOS版アプリのバージョンアップ、早めにお願いします。これだけで、出版する人(出版社)がどれだけ心配になっているのか、想像してくださいね。それか何か公式アナウンスでもしていただければ、安心すると思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

Adobe Creative Cloud グループ版 2年目も月額4000円で

Adbccg
Adobe Creative Cloud グループ版なんですが、6月28日までに手続き完了なら、2年目も月額4000円ということらしいです。移行するなら今のうちですね。

セミナーに参加した各人から報告を聞きました。
Adobeのサイト上も情報が錯綜しており、当初は6月14日申し込みの特典やら、12月までの申し込み特典やら、いろいろとあったようですが、先のゼロックス東京のDTP FestaでAdobeさんが配布したチラシのひとつ(これも実は2種類あります)には上記の記載が明記されています。

2年間使い倒せるならいいでしょう。使い出したら、たぶんあとにはもどれないけど。

それと、これは会社としては資産ではなく、全額経費扱いになる点もこれまでのパッケージソフトとは違うので検討くださいということでした。<adobe

6.26 17:25追記
あと、Webで画像作成やデザインサンプル作るのにつかってきたFWが今回無くなりました。
CSSの時代になって必要がなくなったというのも時代ですね。
CS6にはあるので、こっちを使えということでしょう。
そういえばFLASHもほとんどアプリ開発環境に変貌しているしね。こちらはCCでもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧